본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓米ワクチンスワップ」成功しても…米国はファイザー・モデルナでなくアストラゼネカ提供か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アストラゼネカのワクチン

韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官が20日に明らかにした米国との「ワクチンスワップ」議論に対する関心が高まる中、米国が先月これと似た計画を発表したことがある。

ホワイトハウスのサキ報道官は先月18日(現地時間)の定例記者会見で、米国はカナダとメキシコにアストラゼネカのワクチンを提供することを検討していると明らかにした。

サキ報道官は「放出可能なアストラゼネカのワクチンを700万ドーズ保有している。このうち250万ドーズをメキシコに、150万ドーズはカナダに貸す計画を確定するために努力している」と述べた。

ホワイトハウスがその時に考慮したワクチンはファイザーやモデルナではなくアストラゼネカのワクチンだった。サキ報道官もアストラゼネカと話した。当時、米国では事前に生産したアストラゼネカの物量が増えると、その処理をめぐり論議があった。

新型コロナワクチンは迅速な生産のため、米食品医薬品局(FDA)の使用許可を受ける前から生産を始める。ところがアストラゼネカのワクチンはFDA承認申請が遅れ、在庫が膨らんだ。

このためアストラゼネカのワクチンを承認した国も多いが、米国は承認しなかったため使用できず、大量に抱えているのではという批判世論が強まると、バイデン政権はアストラゼネカのワクチンをカナダ・メキシコに提供することを検討すると伝えたのだ。

特にカナダとメキシコは国境が接しているため、これらの国の防疫問題は米国にも影響を及ぼす。韓国は地理的に離れているため「隣国防疫」の必要性は弱まる。

さらに韓国はファイザーやモデルナなどmRNA系列ワクチンを政府が確保できなかったという批判が強い状況であり、アストラゼネカのワクチンが韓国国内のワクチン接種の遅れを解決できるかどうかも未知数だ。

ワクチンスワップに現実性があるかどうかは現在のところまだ判断するのは難しい。しかし米国がすぐにファイザーやモデルナのワクチンを出す可能性は高くないようだ。

保健当局が血栓による死亡などを理由でヤンセンのワクチン使用を暫定中断すると、バイデン大統領は先週、「我々はジョンソン・エンド・ジョンソン(ヤンセン)やアストラゼネカでなく(ファイザーとモデルナのワクチンの)mRNA6億ドーズがある」と述べた。米国人がヤンセンのワクチン接種を避けるなどの状況に対応し、mRNAワクチンを十分に確保するという意志を明確にした。

しかもワクチンの3回目の接種「ブースターショット」をどれほど頻繁に接種すべきかもまだ把握されていない。今後ワクチンがどれだけ必要になるか分からないため予備物量を確保しておかなければならない。米保健当局はブースターショットが必要かどうかを全国民の接種が完了する今年夏に判断することにした。

バイデン大統領やサキ報道官はワクチンが不足する国にワクチンを分ける考えはないのかという質問に対し、まだ米国人を最優先にした接種に集中すべき時期だと答えてきた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기