본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

モデルナ接種「血栓症状」の韓国20代死亡…疾病庁「検査対象ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

モデルナワクチン。キム・ソンテ・フリーランス記者

「すでに死亡、因果関係の解明困難」

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のモデルナワクチン接種後に死亡した20代のA氏について、済州道(チェジュド)が韓国疾病管理庁に血小板減少症を伴う血栓症(TTS)検査を依頼したが、受け入れられなかった。

済州道防疫当局によると、済州道民A氏は先月26日、道内の委託医療機関でモデルナのキャンセル枠のワクチンを接種した。その後、同月31日、血栓症の症状で済州道の総合病院で手術を受け、ワクチン接種から12日後に死亡した。

当時A氏に関する重症の異常反応届を受けた済州道防疫当局は、疾病管理庁にTTS検査を依頼したが、疾病庁はモデルナが「検査対象ではない」とし、受け入れなかった。

◆検査条件は充足…「モデルナ、検査対象ではない」

疾病管理庁は、世界保健機関(WHO)の血栓症をモデルナワクチンの副作用として認めていない点などを根拠に、アストラゼネカ(AZ)やヤンセンワクチン接種後に疑われる症状が出た場合にのみ、TTS検査を行っている。

検査依頼の基準は、AZやヤンセンなどアデノベクター系列のワクチン接種後4~28日以内にTTSが疑われる症状の発生、血小板数15万/マイクロリットル未満、血栓の有無を調べることができるDダイマー(D-dimer)検査値の上昇、映像検査などで血栓が確認された場合などだ。モデルナを接種したA氏は、このうちワクチンの種類を除くその他の基準はいずれも満たしているというのが済州道の判断だ。

これについて、済州道防疫当局は、米国でモデルナワクチン接種後にTTS発生事例があったことなどを挙げ、疾病庁に再度検査の必要性を示した。しかし、疾病庁は「血栓の専門家で構成された諮問委員会の検討結果、検査は必要ないと判断した」と検査依頼を受け入れなかった。

済州道防疫当局の関係者は「A氏の死亡に対するワクチンとの因果関係を調査中だが、対象者が死亡したため最終的に解明が難しくなった」と述べた。

一方、国内で新型コロナワクチン接種が始まった2月26日以降、異常反応の疑いがある事例の累積申告件数は9日0時基準で12万8612件だ。ワクチン別接種件数比異常反応申告率はAZ0.68%、ヤンセン0.67%、モデルナ0.5%、ファイザー0.28%だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기