본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国の統計は信頼できるのか…死者が一日250人以上急増、患者も1万5000人以上急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国の統計の正確性が疑われている。過去に経済数値に関連して多くの疑惑を招いた中国が、新型コロナウイルス感染による死者と感染者を正しく伝えているのかという非難を受けている。

新型コロナウイルス感染による中国の死者は12日、想像を超越するほど急増した。13日午前11時(日本時間12時)現在、中国国家衛生健康委員会が公式発表をしていない中、中国テンセントが提供するサイトでは死者が1368人と表示されている。

前日より254人も増えた。これまで10日の108人が最多だったが、その倍以上が死亡したということだ。衝撃だ。死者が急増した最も大きな理由は統計方法の修正だ。

11日までは今回の事態の中心にある湖北省の死者のうち核酸の検査で確認された人だけを統計に反映した。しかし12日から臨床学的な判断で感染が疑われる人も死者に含めた結果とみられる。死者急増のもう一つの理由は医療人員と装備の不足が挙げられる。重症患者の多数が呼吸困難で血中酸素含有量が落ちる症状を見せているが、治療装備が不足している状態だ。

問題は、今回の事態が発生して以降、臨床学的には新型コロナに感染して死亡したとみられる多くの湖北省の人々が12日以前までは統計に反映されなかったという点だ。それまでにどれほど多くの患者が死亡したかは実際には分からないということだ。

テンセントが提供する情報によると、新たな患者は1万5153人増え、13日午前11時現在、患者は5万9883人にのぼる。一日の感染者数が前日の2015人増に比べて7倍以上も増えた。これについて中国当局は臨床診断を受けた患者を含めたためと説明した。

なら、今まで湖北省当局が死者と感染者を縮小して発表してきたということになる。中国当局は12日から湖北省もほかの地域と同じく臨床診断を受けた患者を感染者に含めると明らかにした。

臨床診断を受けた患者とは核酸の検査で陽性反応が出た患者ではなく、写真撮影を通じて映像学的に肺炎の症状を見せる患者など臨床学的に医師から判断を受けた患者をいう。

新型コロナ中央指導組長であり北京朝陽医院副院長の童朝暉氏は過去にこうした患者を感染が疑われる患者に含めたが、今後よりよく対処するための案の一つとして感染者に分類すると述べた。これによると、臨床学的な判断は患者が湖北省または武漢出身か、発熱とせき症状があるか、CT撮影で肺炎の症状が見られるかなど4つの事項を総合して行われるという。

このように中国当局が統計方法を変更し、また13日の公式発表も当初の午前8時前後から3時間過ぎても出なかったため、中国の統計は信頼できないという声が出ている。

こうした中、中国当局は習近平国家主席の指示で13日、武漢に2600人の軍隊医療陣を増派すると明らかにした。民心が激しくなる中、軍の役割が日々増えていく状況だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기