본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ホワイトカード」 サッカーで初めて登場…イエロー・レッドとは違う、称賛・尊重を意味

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ポルトガル女子サッカーカップ大会で21日(現地時間)、「ホワイトカード」を出す主審 ツイッター キャプチャー

ポルトガルリーグでサッカー競技歴史上初めて「ホワイトカード」が登場した。

英メディアのザ・サンの22日(現地時間)の報道によると、前日に行われたスポルティング・リスボン-ベンフィカのポルトガル女子サッカーカップ大会で、主審が異例にもホワイトカードを出す場面があった。一般的に選手が規則を違反した時に審判が出すイエローカードやレッドカードでなく、サッカーファンの関心は高まった。

ホワイトカードはポルトガルサッカー協会が新しく導入した規定だ。イエローまたはレッドカードとは正反対の意味で、公正な競技をするチームに称賛と尊重を表す意味でこのカードを使用する。スポーツ倫理の価値を向上させるための目的でだ。競技中に実際に登場したのはこの日が初めてだった。

審判がホワイトカードを取り出した状況はこうだ。ベンフィカが3-0とリードしていた前半44分ごろ、ベンチ側で誰かの体に異常が発生し、しばらく試合が中断した。これを知った両チームの医療スタッフは応急措置のために迅速に動いた。

状況が収拾した後、主審は両チームに向けてホワイトカードを出した。すると競技場のファンは歓声と共に拍手を送った。

この試合はベンフィカが2ゴールを追加して5-0で勝利した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기