본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野球に歓喜と失望を与えたWBC(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2013WBC韓国代表

◆台中惨事と高尺惨事、危機の韓国野球

2013年に開催された第3回大会に出場した韓国代表にはクエスチョンマークが付いた。プロチームの監督が代表チームを引き受けることに否定的な世論が出てきた。紆余曲折の末、優勝チームのサムスン・ライオンズの柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督が代表監督に務めたが、最初から雑音があった。戦力も以前の大会と比べて落ちた。LAドジャースに入団した柳賢振が抜け、金広鉉も健康問題で離脱した。キム・ジンウと秋信守も最後に合流が不可能になった。

とはいえ第1ラウンド通過の可能性を疑う人はいなかった。日本と異なる組に編成され、オランダ、オーストラリア、開催国・台湾は十分に戦える相手という評価だった。韓国選手は台湾台中に集まって大会の準備をした。

初戦から期待は外れた。マイナーリーグの有望株がそろったオランダに0-5で敗れた。カリブ海オランダ領島キュラソー島出身の選手らが活躍した。オーストラリアに6-0で勝利した韓国は、台湾戦で0-2とリードを許していたが、かろうじて3-2で逆転勝ちした。しかしオランダ、台湾、韓国が2勝1敗で並び、TQB(総得点/総イニング-総失点/総イニング)計算で組3位となり、敗退した。

韓国は4年後に開催された第4回大会に力を注いだ。史上初めて第1ラウンド大会を招致した。ソウル高尺(コチョク)ドームが建設されたことで可能だった。しかし戦力は高くなかった。海外組はセントルイス・カージナルス所属の呉昇桓(オ・スンファン)が唯一だった。

韓国はまた初戦で敗れた。マイナー選手で構成されたイスラエルに苦戦し、延長戦の末1-2で敗れた。第2戦も0-5で敗れた。MLB主力遊撃手だけで4人が含まれたオランダは4年前よりも強かった。サムスン出身の投手リック・バンデンハークも打ち崩せなかった。台湾に11-8で勝利して全敗は免れたが、解説委員の朴賛浩は「これが韓国野球の実力でありレベル」と苦言を呈した。

◆6年ぶりの名誉回復は可能か

今大会は新型コロナで2017年の第4回大会以来6年ぶりに開催される。

マイク・トラウト、クレイトン・カーショー(以上 米国)、大谷翔平(日本)、ウラジミール・ゲレロ・ジュニア、マニー・マチャド(以上、ドミニカ共和国)などスター級選手が参加を予告した。

韓国は2021年のKTウィズの韓国シリーズ優勝を率いた李強チョル(イ・ガンチョル)監督が指揮する中、30人の選手(交代可能)を発表した。金河成(キム・ハソン)、崔志万(チェ・・ジマン)、金広鉉、梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン)ら7人の元現メジャーリーガー、昨年MVPの李政厚(イ・ジョンフ)が含まれた。韓国史上初めて韓国系選手トミー・ヒョンス・エドマン(セントルイス・カージナルス)もメンバーに選ばれた。韓国の目標は14年ぶりの4強進出だ。

20カ国が参加する今大会は4組に分かれて第1ラウンドでリーグ戦をし、上位2チームが第2ラウンドに進出する。B組に属する韓国はオーストラリア(9日)、日本(10日)、チェコ(12日)、中国(13日)と対戦する。2位以内に入ればA組チーム(台湾、オランダ、キューバ、イタリア、パナマ)と準々決勝を行う。ここで勝利すれば米マイアミのローンデポパークで行われる準決勝に進出する。決勝も同じところで行われる。


韓国野球に歓喜と失望を与えたWBC(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기