본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>大谷、6回まで12K無失点パーフェクト…韓国メディア「ワンマンショー、また漫画を描いた」

ⓒ 中央日報日本語版

プレミア12当時の日本代表の大谷翔平

LAエンゼルスの大谷翔平が今季初勝利をマークした。

大谷は21日(日本時間)、ヒューストン・ミニッツメイドパークで行われたヒューストン・アストロズ戦に投手・1番打者で出場した。

大谷はまず攻撃で活躍した。マウンドを踏む前の1回、先頭打者として四球で出塁して生還し、打者一巡した次の打席では2点二塁打を放った。6回にはバントヒットでマルチ安打をマークした。

2回も打席を消化した後の投球となったが、ピッチングも光った。大谷は6回一死までパーフェクト投球を見せ、先発打者全員から三振を奪った。3、4回は6人の打者全員を三振に仕留めた。

5回まで1人も出塁させず大記録達成が期待されたが、6回一死からカストロにセンター前ヒットを打たれ、初めて出塁を許した。6イニングを12奪三振、1被安打、1四球の無失点に抑える好投だった。6-0とリードした7回に交代し、結局、勝利投手となった。

データ会社STATSによると、大谷は現代野球で1試合で投手として1被安打以下、12奪三振以上をマークし、打席で3回以上出塁した唯一の選手として記録された。

韓国スポーツメディアのMKスポーツは「昨季MVPの大谷翔平がまたも『漫画野球』を現実にした」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기