본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>スペイン出身のボルダラス氏、韓国代表監督候補に浮上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サッカー韓国代表の新監督を物色中の大韓サッカー協会が、スペイン出身のホセ・ボルダラス元バレンシア(スペイン)監督(59)と接触したという現地の報道があった。

スペインのラジオ局カデーナSERは18日(日本時間)、「韓国がボルダラス氏と接触した」とし「ボルダラス元バレンシア監督はこの数週間、韓国の調査対象になった」と報じた。

カデーナSERは「昨年夏にバレンシアを離れた後、ボルダラス氏はスペインおよび外国のクラブと連絡を取っている。彼は公式にオファーを受けたチームはないと明らかにした。しかし現在1部リーグのチームが監督を解雇することになれば、ボルダラス氏がオプションの一つ」と伝えた。

続いて「外国の協会からも連絡があった。確認されたものの一つが韓国だ。韓国はパウロ・ベント監督(ポルトガル)が退いた後、後任者を物色している。ベント監督は2022カタールワールドカップ(W杯)16強戦で韓国がブラジルに1-4で敗れた後、決別を宣言した」と説明した。

ボルダラス氏は1993年から指導者の道を歩み始めた。エルチェ、アラベス、ヘタフェ、バレンシアなどスペインのチームを指揮した。代表チーム監督の経験はない。ボルダラス氏の最も大きな成果は2015-16シーズンだ。当時、スペイン2部リーグのアラベスの監督を引き受けてリーグ優勝を果たし、11シーズンぶりに1部リーグに復帰させた。この時からボルダラス氏は「昇格伝導師」と呼ばれた。2016-17シーズンにもスペイン2部のヘタフェを引き受け、そのシーズンにチームの1部昇格を指揮した。

ボルダラス氏は韓国代表のMF李康仁(イ・ガンイン)とも縁がある。

ボルダラス氏は2021年5月、当時李康仁(マヨルカ)が所属していたバレンシアの監督に選任された。李康仁はボルダラス氏の赴任直後の2021年8月、バレンシアを離れてマヨルカに移籍した。ボルダラス氏はバレンシア赴任後の最初のシーズンにチームをスペイン国王カップ(コパ・デル・レイ)決勝に導いた。しかし昨年6月に更迭された。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기