본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<カタールW杯>FIFAが選んだ「歴代番狂わせ」に韓国も名を連ねる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

9月のAマッチのカメルーン戦で孫興民(ソン・フンミン、左から2人目)が得点してチームメートと喜んでいる。 キム・ヒョンドン記者

まさに「砂嵐」だ。サウジアラビアが起こした大番狂わせの余韻が続いている。世界メディアは優勝候補アルゼンチンに勝利したサウジアラビアの原動力に注目し、サッカーファンはうなだれたアルゼンチンのリオネル・メッシを心配するような視線を送っている。

サウジアラビアは11日、カタールワールドカップ(W杯)グループリーグC組第1戦で、優勝候補であり国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のアルゼンチンを2-1を退けた。今大会の最初の番狂わせであり世界ランキング51位の反乱は、世界的に大きな話題になった。特にこの日の勝負のような歴代W杯の番狂わせが改めて注目されている。

FIFA公式コンテンツプラットホーム「FIFA+」はサウジアラビアの勝利の後、歴代W杯の奇跡のような名勝負10試合を選んだ。2002年韓日W杯当時、韓国がイタリアに勝利した16強戦を含め、サッカーファンなら誰もが記憶している番狂わせが年代別に並べられた。

最初の試合は韓日W杯の開幕戦、セネガル-フランス戦だった。直前の1998年フランスW杯のチャンピオンであり2大会連続優勝を狙っていたフランスの勝利が予想されたが、結果はセネガルの1-0勝利だった。FIFA+は「フランスは4年前よりさらに強く見えた一方、セネガルは当時が初のW杯出場だった。しかし番狂わせが起き、フランスはグループリーグで敗退した。セネガルは16強入りした後、スウェーデンにも勝って8強まで進んだ」と説明した。

続いて1990年イタリアW杯でカメルーンがグループリーグでアルゼンチンに1-0で勝利した試合も紹介された。アルゼンチンは今回も番狂わせの犠牲になった。

また2014年ブラジルW杯ではコスタリカがイタリアを1-0で撃破し、1974年ドイツW杯では東ドイツが西ドイツに1-0で勝利した。1966年イングランドW杯の16強戦で北朝鮮がイタリアに1-0で勝利した試合も抜けなかった。

ヒディンク監督が導いた韓国代表の奇跡も選ばれた。韓日W杯16強戦で韓国は後半終盤の薛ギ鉉(ソル・ギヒョン)の同点ゴール、延長戦での安貞桓(アン・ジョンファン)のゴールデンゴールで2-1の勝利をつかんだ。FIFA+は「イタリアは世界的なスターがそろっていた」とし「韓国は次の準々決勝でもスペインを破って4強まで進出した。また安貞桓、朴智星(パク・チソン)らはこの大会後に欧州でプレーすることになった」と詳しく伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기