본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>「韓国はレベル低く、勝ってもアピールの場を失った」=日本サッカー評論家の苦言

ⓒ 中央日報日本語版

16カ月ぶりに韓日戦で0-3の完敗を記録した韓国代表。「横浜の惨事」に続く「豊田の惨事」と呼ばれることになりそうだ。[写真 大韓サッカー協会]

韓国代表は27日、愛知県の豊田スタジアムで行われた東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権(東アジア選手権)最終戦で日本に0-3で完敗した。韓国は有効シュート数が1本に終わった。

11月のワールドカップ(W杯)カタール大会に向けて準備するベント監督の悩みはさらに深まった。今大会は国内組をチェックする大会だったからだ。来月のAマッチ期間を除いて今大会が国内組を点検する事実上最後の機会だったが、戦術実験と選手発掘は失敗に終わった。ベント監督は「日本が我々よりも良い試合をした。勝者の資格がある。韓国に戻って問題点を分析して補完したい」と述べた。

韓国の競技力について、日本の著名なサッカー解説者兼評論家のセルジオ越後氏は試合後、日本の日刊スポーツを通じて韓国を酷評した。

越後氏は「これだけ弱い韓国は珍しい。ヘディングは競り負けるし、球際は弱いし、迫力もないし、走れないし、シュートも打てない」と批判した。

さらに「日本はいい内容で3-0で勝ったが、選手たちは逆にW杯へのアピールの場を失った。このレベルの相手なら、W杯メンバー入りへのアピールにはならないだろう。むしろ強い相手に苦労しながらも存在感を示した方が、W杯へのアピールになったはず」とし、韓国のレベルを非常に低く評価した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기