본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

カタールW杯現場で韓国リポーターが苦悩吐露「肩を組まれ慌てた。容易じゃない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

カタールW杯現場を伝えるKBSリポーターのイ・スナル[ユーチューブキャプチャー]

2022FIFAカタールワールドカップ(W杯)でKBS(韓国放送公社)リポーターとして活躍中のユーチューバー、イ・スナル(本名チョン・イス)が現地からの生放送で海外サッカーファンにいわゆる「オッケパン(すれ違いざまに肩をぶつけられること)」をされる様子がカメラにそのまま映った。

21日、イ・スナルは自身のユーチューブチャンネルに「ワールドカップの生放送中にオッケパンされました。過去最大級の放送事故になるところだった」というタイトルの動画を公開した。

動画によると、イ・スナルは開会式が行われた20日(韓国時間)、カタール・アル・ホールのアル・バイト・スタジアムで現地の雰囲気を伝えるためにレポートを行った。

当時、生放送を準備していたイ・スナルは、突然近づいてきた外国人の集団に戸惑った。彼らは歌を歌いながらイ・スナルのそばにやってきて、一人の男性はイ・スナルの肩に手を置いたりもした。

それでもイ・スナルは「今、開会式が行われるアル・バイト・スタジアムに来ています。大会の開始を知らせる場だけに、現場の雰囲気は非常に熱い」と話し、気丈に放送を続けた。

この時、別の男性が口にタバコをくわえたまま登場してカメラを遮り、イ・スナルに自身の国の国旗を持つよう強要した。彼らは制止にもびくともせず、イ・スナルは片手で国旗を押しやって「世界の人々のお祭りという言葉が実感できる」と話した。

すると、この男性はイ・スナルの肩にぶつかって通り過ぎた。イ・スナルは押されてよろめきながらも「熱気が本当にすごい」と言い、落ち着いて報道を続けた。

慌ただしい環境の中で無事生放送を終えたイ・スナルは「現場は変数の連続。本当に驚いた。急にドラムを叩いて肩を組んできて、どうすればいいのか戸惑った」とし「容易じゃない」と語った。

続けて「実は意図せずに、突然集団が来た。これでもそれなりに統制したものだった。予想できなかった状況が起きたが、頑張って言うべきことは言った」とコメントした。

動画を見たネットユーザーは「生放送で見ていてどれほど心配したか。大怪我をしなくてよかった」、「肩に手を置いたり肩を押したりノー・マナーに腹が立つ」、「いくら文化の違いと言っても水準が低すぎる」、「現場でレポートするタレントは注意しなければならない」、「見ていて何か起こるのではないかと心配になった」、「ボディーガードをつけてあげなければならないと思う」などの反応を見せた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기