본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【韓国梨泰院圧死事故】「みんなが『後ろに』と叫ぶ時、一番後ろから『押せ』」…警察、映像を分析

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ユーチューバーのソン・ヨジョンが梨泰院圧死惨事現場の目撃談を伝えた。 写真=ソン・ヨジョン インスタグラム キャプチャー

梨泰院(イテウォン)惨事当時に誰かが故意に押して事故が発生したという趣旨の目撃談がオンライン上で出ている中、警察が現場閉回路テレビの映像を確保するなど本格的な事故原因調査に着手した。

31日のYTNによると、事故現場にいた目撃者は「『押さないで』という声が少しずつ聞こえた。ところで後ろから『押せ、押せ』というから。前後から押された人たちがそのまま倒れ、その周りの人たちがまた押されてドミノのように倒れた」と伝えた。

この日、オンラインコミュニティーでも生存者と思われる人が「私の後ろにいた20代後半に見える人が『XX、押せ、お前たち』と言って、その友人らも『押せ、押せ』と言った」と書き込んだ。

当時現場にいたと明らかにした有名ユーチューバーのソン・ヨンジョンもインスタグラムで「当時、後ろから『押せ、俺たちの方が力が強い、俺たちが勝とう』と言ったが、ある瞬間から人の流れが動かなくなり突然(前後から)強い力が加わった」とし「押し合いのようなすごく強い力で前後、両側から圧力がかかり、目の前が白くなった」と明らかにした。

ただ、会社員匿名オンラインコミュニティー「ブラインド」では別の主張があった。「目撃者」というある市民は「事故が起きて、後ろに行こうとしてみんなが『後ろに』と叫んだが、一番後ろの人たちは事故を把握できず『押せ』と聞き間違えて『押せ』と叫んだのが映像に映っている」と話した。

このように疑惑が続いている中、警察は惨事が発生した路上周辺のCCTVと現場を撮影した各種SNS映像を確保し、事故当時の状況を再構成している。今回の事件を「デジタル証拠緊急分析対象」に指定した後、すぐに関連映像の分析に入り、事故原因究明を迅速に進めている。

また警察は周辺の店舗関係者や事故現場にいた市民など目撃者を相手に最初の事故発生地点、その後の状況展開過程も確認する計画だ。

一方、故意に押して人命被害が発生した場合、故意傷害または殺人罪、未必の故意による殺害など罪目の成立が可能だというのが専門家の意見だ。U1大学警察消防行政学科のオム・ゴンウン教授はこの日、YTNのインタビューで「誰かが誰かに危害を加える意図で押したとすれば、いくつか刑法的な部分がかかわることもある」とし「故意傷害や殺人罪、未必の故意による殺害などの罪目が適用される可能性がある」と指摘した。ただ、「自発的な行事参加行事で誰か一人を特定して話すのは難しい部分」と説明した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기