본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

タイ・ベトナム・スリナムはなぜ韓国ドラマに憤ったのか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

『イカゲーム』 [写真 ネットフリックス]

このように、最近になって似たような事例が繰り返される理由は、変わったKコンテンツの地位にふさわしい文化的感受性をコンテンツ業界が備えていないためだという分析が出ている。韓国ドラマと映画が広く世界に広がっていることに比べ、文化多様性に対する認識が歩調を合わせて成長することができなかったということだ。

大衆文化評論家のキム・ホンシクさんは「過去にはハリウッドが韓国を否定的に表現することに私たちが気分を害したとすれば、今はKコンテンツの影響力が大きくなったため立場が変わった」とし「制作者がまだ国内視聴者だけを考える傾向があるが、特定国家を直接言及する場合、一層慎重を期さなければならない」と話した。「特定国家に必ず言及する必要があれば、該当国家出身から台本を監修してもらう手続きが必要だ」というのがキムさんの提言だ。

大衆文化がマイノリティを描写する方式を探求した書籍『平たく透明な人々』の著者ペク・セヒ弁護士(DKLパートナーズ法律事務所)もコンテンツの影響力が強大になっただけに、制作者の責任感も拡大していく必要があると指摘した。

ペク弁護士は「『イカゲーム』も外国人労働者などマイノリティに対する差別的描写とクリシェでいっぱいだ」とし、「娯楽的な面白さを与えるという理由で、このようなコンテンツを無批判的に受け入れれば、わが社会が無意識的に嫌悪と人種主義を踏襲することになる」と批判した。

また「コンテンツを受け入れる収容者のせいにしようとする声もあるが、社会的に大きな権威を持つクリエイターの認識改善が1次的に先行されるべきだ」と強調した。

より根本的には「私たちの中の人種差別」を振り返る時という声もあがる。韓国社会の人種主義の歴史を扱った『一度は呼んでみた』を出版した明知(ミョンジ)大学政治外交学科のチョン・フェオク教授は、「『独立新聞』など過去の資料を調べれば、私たちは開花期から欧米の人種主義をそのまま移植された」とし、「さらに植民地時代、グローバル化を経る過程で、私たちより経済発展が遅い、非白人国家を安心して侮辱する結果につながった」と分析した。チョン教授は「このような社会で創作に関わる一人ひとりを責めることは難しい」として「人種主義に対する感受性を高める制度と教育の側面で改善が行われるべきだ」と話した。


タイ・ベトナム・スリナムはなぜ韓国ドラマに憤ったのか(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기