본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮の連続ミサイル挑発でも…韓日米が5年ぶり連合訓練再開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓日米の艦艇は30日、北朝鮮の潜水艦の脅威に対応した連合対潜水艦戦訓練をする。写真は前日に東海上で韓米連合海上訓練に参加した両国の艦艇。 写真=海軍

韓日米3カ国が30日、北朝鮮の潜水艦の脅威に対応した連合訓練を東海(トンヘ、日本名・日本海)の公海上で実施する。北朝鮮が前日晩まで2日連続で計4発の短距離弾道ミサイル(SRBM)を東海に発射しただけに追加で挑発する可能性があり、軍当局は注視している。

複数の軍消息筋によると、この日の訓練は午前6時ごろ始まった。米海軍の攻撃型原子力潜水艦「アナポリス」(SSN-760)を北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)搭載新型潜水艦と仮定して探知・追跡する訓練だ。

米海軍からは前日まで4日間の韓米連合訓練に参加した原子力空母「ロナルド・レーガン」(CVN76)、ミサイル巡洋艦1隻とイージス駆逐艦2隻など空母打撃群が参加した。韓国海軍からはKDX-II級駆逐艦「文武大王」(DDH-II)が参加する。

海上自衛隊は新型水中音波探知(ソナー)体系を搭載して潜水艦探知能力が優れた「あさひ」(DD119)を派遣した。3カ国の艦艇は「アナポリス」を追跡してリアルタイムで情報を共有するなど、訓練を通じて相互運用性を検証する。

今回の訓練場所は独島(ドクト、日本名・竹島)から東に200-300キロ離れた公海上だと、情報筋は伝えた。

韓日米の連合対潜戦の再開は5年ぶり。2017年4月3日に済州(チェジュ)南側の公海上で実施した後、文在寅(ムン・ジェイン)政権では行われなかった。

軍当局は新浦(シンポ)造船所で新型潜水艦進水関連の動きが観測されるなど、北朝鮮のSLBM戦力化が迫っているだけに実戦的な訓練が必要という立場だ。匿名を求めた軍関係者は「冷戦時代に旧ソ連の潜水艦に対応して蓄積された対潜戦能力を持つ日本が合流する連合訓練は大きく役立つ」と述べた。

米太平洋軍司令官を務めたハリー・ハリス元駐韓米国大使は「米韓日3カ国が連合訓練を長期間しなかったという事実は関連力量が鈍ったとのことを意味するだけに、新たに実施する必要がある」とボイス・オブ・アメリカ(VOA)に話した。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기