본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国国家情報院「金正恩委員長、また体重140キロに…娘を公開する可能性低い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

28日、国会で開かれた情報委員会全体会議に出席した金奎顕(キム・ギュヒョン)国家情報院院長  キム・ギョンロク記者

国家情報院が28日、国会に「北が7回目の核実験を敢行する場合、10月16日~11月7日の間にする可能性がある」と報告した。前日に統一部が「(北朝鮮が)ひとまずスタンバイした状態で最適な時期を見計らっているのではという考え」と明らかにした翌日、情報当局から具体的な時期に関する分析が出てきた。

国家情報院がこの日、非公開で開かれた国会情報委会議でこのように明らかにしたと、与野党幹事の劉相凡(ユ・サンボム)国民の力議員と尹建永(ユン・ゴンヨン)共に民主党議員が伝えた。劉議員は「北の豊渓里(プンゲリ)3番坑道が完成し、核実験の可能性が高まった状況」とし「確率的にどの程度というよりも(北が)国際関係や新型コロナ状況などを総合的で見て判断するのではないかと、国家情報院は説明した」と述べた。

現在としては来月16日に予定された中国第20回党大会以後、11月7日に行われる米国中間選挙以前に、核実験を実施する可能性が最も高いというのが国家情報院の判断だ。統一部の関係者は前日、記者らに「寧辺(ヨンビョン)原子炉の稼働の兆候が続いていて、豊渓里核実験場の坑道復旧を完了するなど、7回目の核実験準備動向が表れている」と明らかにした。ただ、尹議員は「核実験推定、予測という表現は過度であるようだ」とし「(国家情報院側も)確率的に計算するのは正しくないと話した」という意見を出した。

国家情報院はこの日の会議で中朝関係に関連し「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と中国の習近平国家主席が親展を8回交換した」という内容も報告した。親展交換の時点や具体的な内容は明示しなかったが、「このうち金委員長が送ったものは2回、習主席が送ったものは6回」と説明した。

9日の北朝鮮政権樹立74周年慶祝節記念行事で金正恩委員長の娘キム・ジュエ(9)と推定されて注目を集めた少女については、国家情報院はこの日、「金正恩一家が家族を管理する状況を考えると、当事者がキム・ジュエである可能性は低い」という意見を述べた。23日に一部の海外メディアが「この少女だけが髪を束ねず白い靴下を履いていて、李雪主(イ・ソルジュ)夫人と対話をした」という中国の専門家の話を引用して金委員長の娘である可能性を提起したが、情報当局はそのような可能性が高くないと判断した。

最近、金委員長夫婦に至近距離で随行している女性の正体は一部で報道されたように牡丹峰(モランボン)楽団出身の女性ホン・ユンミだと、国家情報院がこの日の情報委で明らかにした。尹議員は「楽団でドラマーとして活動し、板門店(パンムンジョム)首脳会談当時に演奏者だった女性」とし「(儀典総担当の)玄松月(ヒョン・ソンウォル)労働党副部長の役割に代わるのではなくて儀典を補佐する役割として参加したと、国家情報院は把握している」と伝えた。

劉議員は金委員長の健康異常説に関しては「(国家情報院は)良好とみている」とし「体重を減らした後、また140キロまで戻ったことが確認されたが、現在の話す姿や歩き方から健康自体に異常な兆候はないと把握した」と話した。

北朝鮮が8月に新型コロナ終息宣言をしたことについては「国境地帯で大規模にワクチンを接種している状況、(国境)封鎖と解除を繰り返している状況からみて、コロナを完全に根絶したという発表は信頼しがたいという報告を受けた」と述べた。

この日の会議には金奎顕(キム・ギュヒョン)国家情報院長、クォン・チュンテク第1次長、キム・スヨン第2次長、ペク・ジョンウク第3次長、チョ・サンジュン基調室長ら国家情報院の幹部がそろって出席した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기