본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>止まらない「韓国人監督マジック」…ベトナム代表がAマッチ3連勝、9得点0失点

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2002年、当時のヒディンク韓国代表監督と朴恒緒(パク・ハンソ)首席コーチ 中央フォト

朴恒緒(パク・ハンソ)監督(63)が率いるベトナムサッカー代表が好調だ。

国際サッカー連盟(FIFAランキング)97位のベトナムは27日(日本時間)、ベトナム・ホーチミンで104位のインドと評価試合を行い、3-0で完勝した。6月のアフガニスタン(154位)戦(2-0勝利)、今月21日のシンガポール(159位)戦(4-0勝利)に続いてAマッチ3連勝となった。ランキングが自国より低いチームを相手にベトナムは完ぺきに近い競技力を見せた。3試合で計9得点無失点だ。

ベトナムは試合序盤に機先を制した。前半11分にベトナムが先制ゴールを決めて主導権を握り、後半4分と26分に追加点を挙げて勝利を決定づけた。

2002韓日ワールドカップ(W杯)当時に首席コーチとしてヒディンク監督(オランダ)を補佐しながら4強神話を築いた朴監督は「サルディンク」(米麺+ヒディンク)と呼ばれる。2017年10月にベトナム代表の監督に就任し、いくつか新しい歴史を築いたからだ。2018年1月のアジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)チャンピオンシップではベトナムを初の準優勝を導いてサルディンクブームを起こした。

同年8月にはベトナムサッカー史上初めてアジア競技大会4強に入り、同年12月には東南アジアのワールドカップ(W杯)と呼ばれるスズキカップで10年ぶりの優勝を果たした。朴監督は2019年と2022年の東南アジア(SEA)競技大会2連覇に続き、ベトナム初のW杯最終予選進出も達成した。まさに「朴恒緒マジック」だ。

一方、朴恒緒監督はキム・スニョン(アーチェリー)、李鳳柱(イ・ボンジュ、陸上)、故チェ・ドンウォン(野球)と共に2022年大韓民国スポーツ英雄最終候補に選ばれている。大韓体育会は19日、4人を今年のスポーツ英雄最終候補者として発表した。最終候補者に失格条件がなければ、体育会は今月27日から10月18日までホームページで国民支持率調査を実施し、最終審議を終えた後、来月末にスポーツ英雄入会対象者を決める予定だ。

韓国とベトナムをつなぐ民間外交使節として株価を高めた朴監督は2年連続でスポーツ英雄最終候補に入った。体育会はスポーツを通じて選手と青少年の模範となり、国民に喜びと希望を与えた選手またはスポーツ貢献者(指導者・行政家・言論人など)を大韓民国スポーツ英雄に選定し、体育人の名誉と誇りを高めてきた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기