본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>韓国代表、「横浜の惨事」から16カ月ぶりにまた韓日戦で0-3の惨敗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

16カ月ぶりに韓日戦で0-3の完敗を記録した韓国代表。「横浜の惨事」に続く「豊田の惨事」と呼ばれることになりそうだ。[写真 大韓サッカー協会]

韓国サッカーが「横浜の惨事」から16カ月ぶりに再び日本に惨敗した。韓国代表チームは27日、愛知県の豊田スタジアムで開かれた東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権(東アジア杯)最終戦で日本に0-3で完敗した。韓国は有効シュート数が1にとどまった。「横浜の惨事」と呼ばれる昨年3月の親善試合に続き2試合連続で0-3で敗れる屈辱を受けた。これまでの韓日戦の戦績は42勝16敗23分けとなった。2000年代以降の戦績では6勝6敗7分けで互角だ。韓国は先月ウズベキスタンで開かれたアジアサッカー連盟(AFC)23歳以下(U23)アジアカップ準々決勝の韓日戦と同月のU16代表チームの韓日戦でともに0-3で敗れるなど各クラスの代表チームが相次いで日本にひざまずき自尊心を傷つけた。中国戦と香港戦にいずれも3-0で勝利し、この日は引き分けになるだけで大会4連覇を達成できた韓国(2勝1敗、勝ち点6)は開催国日本(2勝1分け、勝ち点7)に逆転優勝を許した。日本は2013年から9年ぶり2回目の優勝となった。東アジア杯は国際サッカー連盟(FIFA)が定めたAマッチ期間に開かないためベント監督は主軸の欧州派を選ぶことができず、Kリーガーを中心に代表チームを構成した。もちろん日本も同じ状況だった。ベント監督は日本を相手に4-1-4-1フォーメーション戦術を繰り広げたが、DFのクォン・ギョンウォンを守備的MFにサプライズ起用した。現代表チームには守備的MF専従者がいないためだ。だが臨機応変では日本の強力な圧迫を突破できなかった。試合開始20秒後に町野修斗がペナルティエリア前で奇襲的に試みたミドルシュートをチョ・ヒョンウが弾いて胸をなで下ろした韓国はその後苦しめられ続けた。日本が前方から強く圧迫し、慌てた韓国選手はまともに攻撃を展開できなかった。パスはほとんどカットされ、相手のペナルティボックスにボールを入れることすら厳しかった。ベントサッカーの特徴である「ビルドアップ」が消えた。むしろ前半19分にクォン・ギョンウォンが決定的なミスを犯した。まごついたところを相手の圧迫でボールを奪われたが、日本の相馬勇紀の前に流れた。相馬はゴールエリア左側までドリブルしてシュートしたが、ゴールポスト右側に当たった。前半34分には相馬のコーナーキックがゴールへ向かうのをチョ・ヒョンウがかろうじて防ぎ、続く水沼宏太のシュートはやはりチョ・ヒョンウがどうにか弾いた。これに対し韓国は前半に1回も有効シュートがなかった。きわどく持ちこたえた韓国は後半4分に日本に先制ゴールを渡して崩れた。藤田譲瑠チマのクロスを受けた相馬がゴールポスト左側に飛び込みディングシュートを決めた。この時から日本はパス練習をするかのように韓国の守備をかき回した。日本は後半18分に相馬のコーナーキックを佐々木翔がヘディングシュートして勝機をつかみ、後半27分に小池龍太のパスを町野が左足で押し込み勝負を決定づけた。韓国の唯一の得点チャンスだった後半32分のソン・ミンギュのシュートは相手キーパーのファインプレーに止められた。11月のワールドカップ・カタール大会に向け準備するベント監督の悩みはさらに深まった。今大会は国内派の玉石を分けるのを兼ねたためだ。来月のAマッチ期間を除くと今回の大会が国内派を点検できる事実上最後の機会だったが、戦術実験と選手発掘は失敗に終わった。ベント監督は「日本がわれわれよりも良い試合をした。勝者の資格がある。韓国に戻って問題点を分析して補完したい」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기