본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>孫興民、頭で決めた…韓国、カメルーンに1-0勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

決勝点となる先制ゴールを決めた孫興民(ソン・フンミン)をチームメートが祝っている。左から孫準浩(ソン・ジュンホ)、孫興民、鄭優営(チョン・ウヨン)、金紋奐(キム・ムンファン)。孫興民はコスタリカ戦に続いてAマッチ2試合連続でゴールを決めた。 キム・ヒョンドン記者

得点なく激しい攻防が続いていた前半35分。逆襲のチャンスからSB金珍洙(キム・ジンス、30、全北)が左サイドを突破して放った左足シュートをGKが手で弾くと、ボールの軌跡を確認した孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)がジャンプしながら頭でゴールに押し込んだ。観客席の歓呼に孫興民の写真撮影パフォーマンスまで、2カ月後のカタールワールドカップ(W杯)本大会で必ずまた見てみたい場面だった。

パウロ・ベント監督(53、ポルトガル)が率いるサッカー韓国代表がアフリカの強豪カメルーン代表とのAマッチ評価試合で1-0で勝利した。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング28位の韓国は27日、ソウルW杯競技場で行われたカメルーン(38位)との対戦で、孫興民の先制ゴールを最後まで守って勝利をつかんだ。23日のコスタリカ戦(2-2引き分け)の結果を含め、9月のAマッチ2連戦を1勝1分けで終えた。

「最終兵器」孫興民の真価を繰り返し確認できた試合だった。絵に描いたようだ右足FKで同点ゴールを決めたコスタリカ戦に続き、この日のカメルーン戦では正確なヘディングシュートでAマッチ2試合連続ゴールを決めた。

得点につながった逆襲の起点も孫興民だった。中盤で相手ボールを奪った後、FW黄喜燦(ファン・ヒチャン、26、ウルバーハンプトン)にパスを出して速攻のチャンスを作った。孫興民はボールが黄喜燦を経て金珍洙に渡る間、速かにゴール前に走り込んでシュートの位置を取った。

カタールW杯本大会を控えて海外組を含む最精鋭メンバーで行った最後のAマッチ評価試合で、ベント監督は孫興民と鄭優営(チョン・ウヨン、23、フライブルク)を前方に置く4-4-1-1-フォーメーションを稼働した。戦術的に慣れた形態を維持しながら選手の構成に変化を与えた。

両サイドに黄喜燦と李在成(イ・ジェソン、30、マインツ)を配置し、MFには黄仁範(ファン・インボム、26、オリンピアコス)と孫準浩(ソン・ジュンホ、30、山東泰山)を並べた。ディフェンスラインは核心DF金敏在(キム・ミンジェ、ナポリ)の中央DFパートナーとして、金英権(キム・ヨングォン、蔚山)の代わりに権敬源(クォン・ギョンウォン、ガンバ大阪)を起用した。

ベント監督は後半にもフォーメーションの枠を維持したまま権昶勲(クォン・チャンフン、28、金泉)、羅相浩(ナ・サンホ、26、ソウル)、黄儀助(ファン・ウィジョ、30、オリンピアコス)、鄭又栄(チョン・ウヨン、33、アルサド)を次々と投入して流れの変化を図った。

ハン・ジュンヒ解説委員は「ビルドアップを展開する過程でMF孫準浩が下がってCB2人とともにスリーバック形態を形成する場面が自然に行われていた」とし「ただ、孫準浩が第3線で単独で相手FW陣を相手にする場面にならないよう注意しなければいけない。W杯本大会ではMF黄仁範と李在成が積極的に助けなければいけない」と助言した。

期待を集めた李康仁(イ・ガンイン、21、マヨルカ)は最後までベント監督に呼ばれなかった。今季スペインリーグのアシスト1位(3個)で競争力を立証したが、ベント監督は最後まで起用しなかった。後半25分、白昇浩(ペク・スンホ、25、全北)が投入されて交代カードを使い切ると、アップしていた李康仁は硬い表情でベンチに戻った。観客席を埋めた5万9000人のサッカーファンが「李康仁」を連呼したが、ベント監督は全く反応しなかった。

ハン・ジュンヒ委員は「李康仁が従来の選手とは異なるタイプのプレイメーカーという点は事実だが、全くチャンスが与えられないというのは残念だ」とし「W杯本大会で近づいている中で使えるカードを使用しない決定は理解しがたい」と話した。

9月のAマッチ日程を終えた韓国代表は来月の国内組招集をはじめW杯本大会を準備する。11月11日にW杯出征式を兼ねて国内組中心のAマッチ評価試合を行い、翌日に最終エントリー26人の選手を公開する。14日にはカタール現地に渡って最後の準備をする。孫興民をはじめとする海外組は所属チームの日程を消化した後、カタール現地で合流する。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기