본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>コスタリカ代表監督「韓国と日本は違うチーム…似ていると考えるのは礼儀でない」

ⓒ 中央日報日本語版

コスタリカのサッカー国家代表チームのルイス・フェルナンド・スエレス監督[写真 コスタリカサッカー連盟SNS]

コスタリカのサッカー国家代表チームのルイス・フェルナンド・スエレス監督が韓国と日本を同じようようにみるのは正しくないと話した。スエレス監督は23日、韓国代表チームとの試合を控え「韓国を相手にして気分が良い。チームの状況は良い。気持ちに余裕を持って試合に臨むつもりだ。ワールドカップ(W杯)までいくらも残っておらず難しいかもしれないが、W杯でしっかりやるのかが重要だ。今回招集されたチームも新しい選手が多いが、あすの試合で景最善を尽くし良い結果を期待する」として期待を表わした。スアレス監督は韓国の戦力に対し「常に良いチームだと考えてきた。われわれはW杯で日本と対戦するが、そのため今回の対戦は意味がある。韓国には欧州で活躍する国際的な選手がいる。その選手らを印象深くみている。われわれのチームの戦力を評価し成長できる機会になるだろう」と評価した。ただスエレス監督は韓国が日本とはまったく異なる戦力だと評価した。彼は「サッカーは完全に異なるスポーツだ。日本と韓国は同じ大陸にあるが別のチームだ。戦術、選手が違う。韓国と日本を似たチームだと考えるのは韓国に対する礼儀ではないだろう」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기