본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

英国女王の棺を守っていた警備兵がいきなり「ドン」…徹夜勤務中に倒れる

ⓒ 中央日報日本語版

女王の棺を守っていた警備兵が倒れる姿[写真 ツイッター] ​

8日に逝去した英国女王エリザベス2世の棺を守って立っていた警備兵が15日(現地時間)、徹夜勤務中に倒れる事件が起きた。

英国現地メディアによると、この日午前1時ごろ、ウェストミンスター宮殿のホールで警備兵1人が女王の棺を守る途中に倒れた。黒い制服を着たこの警備兵は勤務交代のために演壇に上がり、棺の下で長い儀礼用杖を持って立っていたが、そのまま前に倒れた。

この警備兵は演壇に上がるやいなや何度もよろめいた。彼は結局、体のバランスを崩して正面に倒れた。彼が倒れるとき、ホールの中には「ドン」という音がした。警備兵が倒れて帽子が脱げ、白髪が現れた。この警備兵はスコットランド王室警護部隊「ロイヤル・アッシャー(the Royal Company of Archers)」所属とされる。

警備兵が倒れると、近くの警察官2人と他の関係者が駆けつけ、彼の脇を抱えた。女王の棺を守っていた他の警備兵や王室近衛兵は、このような騒ぎにもかかわらず、微動だにせず元の場所を守った。

この場面は英国BBCが生放送で送出した映像に捉えられた。BBCは警備兵が倒れると、しばらく画面を切り替えた。この警備兵は大きなけがはなかったという。

警備隊は6時間ごとに交代する「4交代」勤務をするという。棺を守って立っているのは20分だ。この時間には動かずに立っていなければならない。次の組が入れば交代した後、40分間休憩を取る。








関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기