본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

英国女王の最後の姿を撮影したカメラマンも驚いた…「手の甲に真っ黒なアザ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
英国女王のエリザベス2世が亡くなる前、最後の公開席上で撮影された写真で女王の手の甲に大きなアザの跡が確認された。

英メディアBBCは12日(現地時間)、エリザベス女王の最後の写真は逝去2日前の8日にリズ・トラス新任英国首相に面会した当時に撮影されたと報じた。

通常、女王は次期首相に内定した要人を呼び、正式に首相に任命して新内閣の構成を要請する。

新首相の任命および内閣構成要請はこれまで英国国王の官邸であるロンドンのバッキンガム宮殿で行われてきたが、今回は女王が夏を迎えて滞在していたスコットランドのバルモラル城で開かれた。高齢の女王が身体を自由に動かせなくなったため、バルモラル城で会うことになったと米国NBCニュースは報じた。

この日撮影された写真でエリザベス女王の右手には大きなアザの跡が鮮明に写っていた。女王は当時、室内で杖に支えられて立っていた。

この写真を撮った専属カメラマンのJane Barlow氏は「6日、女王はトラス新首相を大きな笑顔で迎えたが、右手に大きく鮮明なアザがあった」とし「健康に異常がおありのようだった」と話した。また「私が夏に写真を撮った時よりも女王は確実に弱っていらっしゃるようだった」と説明した。

当時エリザベス女王の写真が公開されて健康に対する懸念が提起された。特に手の甲のアザは老年にできる「紫斑病」と専門家は診断した。NBCニュース首席医療特派のJohn Torres博士は「年を取って皮膚とその下の結合組織が弱まるため、小さな衝突でもこのような類型のアザができることがある」と説明した。

19日、英国ロンドンのウェストミンスター寺院では6日に逝去した女王の国葬が執り行われる予定だ。女王はその後、ウィンザー城内の聖ジョージ教会で儀式を終えたあと、地下納骨堂に安置されている夫フィリップ卿(2021年4月死亡)の隣で永眠に入る。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기