본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

イ・ジョンジェが主演男優賞、ファン・ドンヒョク監督が監督賞…エミー賞トロフィー手にした『イカゲーム』

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

俳優イ・ジョンジェ。『イカゲーム』のブレイク以降、米国でもイ・ジョンジェの演技に注目している。[写真 インターネット キャプチャー]

俳優イ・ジョンジェがアジア人俳優として初めてエミー賞主演男優賞を受賞して新たな歴史を書いた。米国テレビ芸術科学アカデミーは12日(現地時間)、ロサンゼルス・マイクロソフトシアターで開かれた第74回エミー賞授賞式で、テレビドラマ部門の主演男優賞受賞者にイ・ジョンジェの名前を呼んだ。イ・ジョンジェは『メディア王~華麗なる一族~』のブライアン・コックスとジェレミー・ストロング、『セヴェランス』のアダム・スコット、『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカーク、『オザークへようこそ』のジェイソン・ベイトマンをおさえて主演男優賞のトロフィーを手にした。授賞台に登場したイ・ジョンジェは「Netflix(ネットフリックス)とファン・ドンヒョク監督に感謝する」とし「クリエイティブな台本を書いてくれて本当にありがとう。『イカゲーム』チームにも感謝する」と栄光を分け合った。続いて韓国語で「大韓民国国民と喜びを分かち合いたい」とし「友人、家族、ファンとこの喜びを分け合いたい。感謝申し上げる」と話した。イ・ジョンジェは昨年9月に公開されたNetflixのオリジナルシリーズ『イカゲーム』で借金取りに追われて生存ゲームに参加した主人公ソン・ギフン役を熱演した。同作を通じて世界的な人気を享受したイ・ジョンジェは全米映画俳優組合賞(SAG)や放送映画批評家協会賞、インディペンデント・スピリット賞、批評家協会賞など米国主要授賞式でトロフィーを手にする快挙を成し遂げた。『イカゲーム』のファン・ドンヒョク監督は非英語圏ドラマでは初めて監督賞を受賞した。米国放送界最高権威を誇るエミー賞授賞式で非英語圏ドラマが監督賞を受賞したのは初めてだ。ファン監督は受賞の感想で「米国テレビ芸術科学アカデミーに感謝する。Netflixにはさらに大きな感謝をしたい」とし、NetflixCEOのテッド・サランドスの名前を呼んだ後、「テッド、私が今名前を呼んだよ」と話した。続いて「『イカゲーム』が歴史上、非英語圏ドラマが受賞した初めてのエミー賞だそうだ。私は自分で歴史を作ったとは思わない。Netflixが扉を開いてくれ、我々全員がこの歴史を作ったと考えている」とし「これが私の最後のエミー賞ではないことを願う。シーズン2でまた戻ってくる」と明らかにした。ファン監督は『メディア王~華麗なる一族~』のマーク・マイロッド、キャシー・ヤン、ローリーン・スカファリア、『セヴェランス』のベン・スティラー、『イエロージャケッツ』のカリン・クサマ、『オザークへようこそ』のジェイソン・ベイトマンをおさえて監督賞の受賞に成功した。1949年から始まったエミー賞は米国テレビ芸術科学アカデミーが主管する授賞式だ。アカデミー、グラミーとともに米国大衆文化の最高権威を誇る授賞式に数えられる。『イカゲーム』は作品賞を含めて監督賞、脚本賞、主演男優賞(イ・ジョンジェ)、助演男優賞(パク・ヘス、オ・ヨンス)、助演女優賞(チョン・ホヨン)の計6部門での受賞に挑戦した。助演男優賞と助演女優賞、脚本賞、作品賞では惜しくも受賞を逃した。作品賞は『メディア王~華麗なる一族~』が、助演男優賞は『メディア王~華麗なる一族~』のマシュー・マクファディン、助演女優賞は『オザークへようこそ』のジュリア・ガーナーが受賞した。脚本賞は『メディア王~華麗なる一族~』のジェシー・アームストロングが受賞した。これに先立って4日(現地時間)に開かれたクリエイティブ・アーツ・エミー賞授賞式ではゲスト賞(イ・ユミ)と視覚効果賞、スタントパフォーマンス賞、プロダクションデザイン賞部門を受賞した。Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』は456億ウォン(約47億円)の賞金を手に入れるために参加者が命がけでサバイバルゲームに挑む様子を描く。現在シーズン2が制作中だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기