본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の出生率を憂慮する海外メディア「今世紀末に人口半減」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
世界の主要メディアが韓国の出生率問題に注目し、米国のブルームバーグ、英国のBBC、日本の読売新聞などが韓国の低い出生率の深刻性を指摘した。

韓国統計庁が24日に発表した資料によると、女性1人が一生の間に産む子どもの数を表す合計特殊出生率は0.81人で、前年比で0.03人(-3.4%)減少した。これは統計を出し始めて以降の最低値。経済協力開発機構(OECD)38加盟国のうち合計特殊出生率が1人に達しない国は韓国だけだ。

米ブルームバーグ通信は25日(現地時間)、「韓国は最低値を更新しながら、5000万人の韓国の人口は今世紀末には半分に減るだろう」と報じた。ブルームバーグは先進国の平均出生率も1.6人であり、韓国は極端に低いと指摘した。韓国は出産を促しているほか、新しい現実に適応するために多くのロボットを導入し、外国人労働力を活用するなどさまざまな措置を取っていると、ブルームバーグは伝えた。

CNNも「難しい労働文化、上がらない賃金、生活費と住宅費の急騰」を低い出生率の理由に挙げた。

英BBCは「韓国の女性が出産ストライキをしている」と表現した。BBCは出生率が低い状況を説明し、「女性が子どもを産もうとしないからだ。韓国の女性は依然として職業を持つことと家族を持つことの間で選択を強要されている。自身のキャリアを犠牲にしない方向の決定に向かっている」と伝えた。

米経済専門誌フォーチュンは「韓国が出生率が過去最低を更新した」とし「ネットフリックスの空前のヒット作『イカゲーム』にみられるように、過度に競争的な社会の雰囲気が出産をためらわせている」と診断した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기