본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、2070年の期待寿命OECD1位…出生率は最低

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2070年生まれの韓国人は経済協力開発機構(OECD)加盟国の国民のうち最も長く生きる。しかし合計特殊出生率は最も低くなるという予想だ。

韓国統計庁の「将来人口推計:2020-2070年」によると、基本シナリオで韓国人の2070年の期待寿命は91.2歳(男性89.5歳・女性92.8歳)。2070年生まれの新生児は平均的に91.2歳まで生きると期待されるということだ。昨年の出生児の期待寿命(83.5歳)より7.7年長い。

統計庁は2065-2070年の韓国人の平均期待寿命は90.9歳で、OECD38加盟国のうち最も高いと予想した。長寿国に分類されるノルウェー(90.2歳)、フィンランド(89.4歳)、日本・カナダ(89.3歳)よりも高い。期待寿命が最も短いアイルランド(82.0歳)とは8.9年の差がある。

韓国人の期待寿命は▼1970年62.3歳▼80年66.1歳▼90年71.7歳▼2000年76.0歳▼2010年80.2歳▼2020年83.5歳と、過去50年間に21.2年も延びた。

一方、統計庁は2065-2070年平均の韓国の合計特殊出生率は1.21人と予測した。2020年の0.84人を大きく上回る数値だ。統計庁は合計特殊出生率が2024年に0.70人まで落ちた後に反騰し、2070年には1.21人に増えると予想した。2020年の合計特殊出生率(0.84人)に比べると大幅に上昇するが、OECD加盟国の中では最も低い。

韓国と期待寿命が似た国の合計特殊出生率はノルウェーが1.76人、フィンランドが1.66人、カナダが1.65人、日本が1.62人など。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기