본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【ナウ・イン・ジャパン】IUがドラマで飲んでいた「緑色の瓶」を探し歩く…日本人が集まる「韓ビニ」の正体(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』の一場面。[写真 『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』公式ホームページ キャプチャー]

◆「あの緑色の瓶は何?」 焼酎に集まる関心特に韓国焼酎の人気は日本メディアも集中的にスポットライトを当てるほどだ。朝日新聞は8日、「最悪の韓・日関係の中でも韓国焼酎が日本の若者の間で爆発的な人気を呼んでいる」と紹介する内容の記事を載せた。日本で大ヒットしたドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』などのドラマで登場人物が焼酎を飲む場面がほぼ毎回登場して「ドラマの登場人物たちが飲んでいる『緑の小瓶』は何だろう」という好奇心を持った視聴者が焼酎を探すようになったという解釈だ。真露の焼酎「チャミスル」は現在日本のコンビニ大手3社をはじめ、多くの大型マートに入店している。真露ジャパンでマーケティング部門長を務めるパク・サンピル氏は「新型コロナ以前の2018年と比較すると、日本国内のチャミスル販売量が約10倍まで増えた」としながら「韓流の人気もあるが、真露が過去40年間、現地化された営業網をベースに2020年からチャミスル導入拡大に総力を挙げた効果も大きかった」と述べた。日本食品業界も韓食の冷蔵家庭簡便式(HME・Home Meal Replacement、ホーム・ミール・リプレイスメント)市場に参入している。生活用品ブランド「無印良品」は韓国式冷凍のり巻き(キムパプ)を3年前に発売したのをはじめ、現在は純豆腐(スンドゥブ)チゲ・牛肉と野菜の辛口スープ(ユッケジャン)・参鶏湯(サムゲタン)を簡便式形態で販売している。コンビニブランド「ローソン」も純豆腐チゲ・キムチチゲなどの簡便式を出している。製品に書かれた食べ物の名前も韓国語の発音そのままだ。うどん・豚カツのような日本の食品がすでに韓国人の日常メニューとして位置を確立したように、韓国の食文化が日本人の生活に自然に溶け込んでいる。
【ナウ・イン・ジャパン】IUがドラマで飲んでいた「緑色の瓶」を探し歩く…日本人が集まる「韓ビニ」の正体(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기