본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>昨年は屈辱の交代、今年は3失点…韓国代表GKの韓日戦「悪夢」

ⓒ 中央日報日本語版

27日、豊田スタジアムで行われた韓日戦で相馬勇紀にヘディングゴールを許した趙賢祐(チョ・ヒョンウ) [写真=大韓サッカー協会]

昨年のサッカー韓日戦で前半だけで交代させられる屈辱を味わった韓国代表のGK趙賢祐(チョ・ヒョンウ、31、蔚山現代)が、今年の韓日戦で3失点した。趙賢祐にとって韓日戦は「悪夢」となった。趙賢祐は27日、愛知県の豊田スタジアムで行われた2022EAFF(東アジアサッカー連盟) E-1フットボールチャンピオンシップ(東アジア選手権)最終戦の韓日戦に出場したが、3ゴールを許した。趙賢祐は中国戦、香港戦に欠場した後、この日の日本戦で今大会初めて出場した。趙賢祐は前半、何度か好セーブを見せた。前半に日本が8本のシュートを放つ一方的な試合の中でも失点がなかったのは、趙賢祐がよく防いだからだった。しかし趙賢祐は後半に入って崩れた。日本のクロスからのヘディング、CKからのヘディング、そして相手の速いパスプレーで3失点した。趙賢祐は昨年に続いて今年の韓日戦でも苦い経験をした。昨年3月に横浜で開催された韓日戦に趙賢祐は先発出場したが、前半に2失点した後、後半からは他の選手と交代した。評価試合でもGKをほとんど交代させないベント監督の性向を考えると屈辱的な交代だった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기