본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>「韓日を単純比較すべきでない、日本はレベル違った」…また0-3完敗の韓国監督の言葉

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督[写真=大韓サッカー協会]

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督(ポルトガル)は韓日戦の完敗に大きな意味を付与しなかった。

韓国は26日、愛知県豊田スタジアムで行われた東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1フットボールチャンピオンシップ(東アジア選手権)第3戦で日本に0-3で敗れた。有効シュートがわずか1本という厳しい試合だった。「横浜惨事」と呼ばれる昨年3月の遠征親善試合に続いて、2試合連続で日本に0-3で完敗するという屈辱的な結果となった。ファンは今回の大敗を「豊田惨事」と話している。

しかしベント監督の考えを違った。ベント監督は試合後の記者会見で「アジアではお互いを比較しようとするが、それは正しくない。それぞれ環境が異なる。練習と国内リーグも違う。その両国を単純に比較するのは難しい」と指摘した。

続いて「東アジア選手権は前回の大会と状況が似ていたが、大会ごとに状況はすべて異なる。今回の大会は国内組が中心だった。昨年の韓日戦も状況が違った」と説明した。

東アジア選手権は国際サッカー連盟(FIFA)が定めたAマッチ期間に開催されないため、ベント監督は欧州組を招集できずKリーガーを中心に代表チームを構成した。もちろん、日本も同じ状況だった。

韓日戦の敗戦で韓国は優勝トロフィーも逃した。中国戦と香港戦(ともに3-0)で勝利し、この日は引き分けでも大会4連覇を達成するはずだった韓国(勝ち点6、2勝1敗)は、開催国の日本(勝ち点7、2勝1分け)に惨敗し、逆転優勝を許した。日本は2013年以来9年ぶり、通算2回目の優勝。

しかしベント監督は泰然と日本を祝った。ベント監督は「想像した通りの試合だった。これまでの2試合とは全く違う試合だった。日本はレベルが違った。90分間、韓国よりもうまくやった。正当な勝者だと考える」と述べた。

続いて「我々も最善を尽くしたがミスが多かった。このような試合でこれだけミスが多ければ代価を支払うことになる。日本代表は非常によかった。今日の試合をよく分析し、ワールドカップ(W杯)に向けてよく準備しなければいけない」と話した。

ベント監督は戦術ミスをう回的に認めた。ベント監督は「日本のプレーはすべて予想通りだった。我々は守備で準備時間が不足したが、短い時間にできることはすべてした。しかし攻撃と守備で多くのミスがあった」と分析した。

特に「攻撃はインサイドでプレーする時にミスが多かった。スペースを見いだそうとしたが、日本がスペースを与えなかった」とし「試合序盤から守勢に追い込まれ、日本にチャンスを与えた。日本の弱点を韓国選手に伝えたが、韓国は決定的なチャンスをつかむ能力が不足した」と語った。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기