본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

大韓サッカー協会、2023年アジアカップ招致戦へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

第1回アジアカップ優勝後に優勝カップを手にしたチェ・ジョンミンの写真について説明する娘チェ・ヘジョンさん キム・キョンビン記者

大韓サッカー協会(会長・鄭夢奎、以下KFA)が来年アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ本大会招致戦に正式に合流した。KFAは20日、「2023年アジアカップ本大会の韓国招致のために国内各地方自治体から開催意向書を受け、本格的な準備に入った」とし「AFCの招致国協会意向書提出の締め切りは30日」と明らかにした。

2023年アジアカップは当初、中国で来年開催される予定だった。しかし新型コロナのパンデミックを理由に中国が先月、開催権を返上し、新たに開催国を決めなければならない状況だ。AFCは今月末まで招致申請書を受けた後、現地調査をして候補群を決め、10月の執行委員会で中国に代わる開催国を最終選定する計画だ。

これと関連し日本、アラブ首長国連邦、カタール、オーストラリアが招致申請書を先に提出している。韓国のほか、サウジアラビア、インドも開催の意思を公開的に表している。

アジアカップ本大会は予選を通過した24カ国が出場するが、東アジアの国が招致すれば来年6月に、西アジアの国が招致すれば来年1月に開催される可能性が高い。AFCはグループリーグから8強戦までは2万席以上、準決勝戦は4万席以上、開幕戦と決勝戦は5万席以上のスタジアムで試合を開催するよう規定している。韓国は2002韓日ワールドカップ(W杯)を開催し、全国各地にマンモス級サッカー専用球場と宿泊、交通などインフラが整っているため大会開催に特に問題はない。

アジアカップは1956年に始まり、4年ごとに開催されるアジア大陸最高権威の国家対抗戦。韓国は1956年の初代大会と1960年の第2回大会で連続優勝したが、それ以降62年間は優勝がなく、準優勝を4回した。アジアカップを韓国で開催したのは1960年の第2回大会が最初で最後だ。

KFAは「韓国はW杯10大会連続進出などアジアサッカー史に足跡を残してアジアサッカー最強国の地位を築いたが、60年以上もアジアカップの開催も優勝もしていない」とし「アジアカップ招致を通じて2002W杯に劣らないサッカー熱気で国民統合に寄与することを期待する。また大韓民国の国際イメージ向上、サッカーインフラ拡大、経済活性化などの付随的な効果も期待する」と大会招致に取り組む背景を説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기