본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国疾病庁「サル痘、国内発生に備えて検査体系の構築完了」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サル痘が確認された国家

約50年間アフリカだけで主に発見された人獣共通の感染病「サル痘(monkeypox)」が最近北米や欧州を越えて中東まで発見されて防疫当局が感染した。疾病管理庁は22日「まだ韓国で発見された患者はいないが、備えるために検査体系を構築した」と明らかにした。サル痘は天然痘ワクチンで予防可能だと知らされているが、国内にはこのワクチンが3500万人分程度備蓄されていることが分かった。疾病庁は「サル痘と天然痘は他の種類の感染病なので、該当ワクチンをそのまま適用できるか専門家の意見を検討する」と説明した。この日を基準にサル痘が確認された国は計14カ国だ。世界保健機関(WHO)は13日から21日13時(現地時間)までサル痘感染が確認され、または疑い例は120件で関連国家は計12カ国だと明らかにした。現在まで死亡者は報告されなかった。欧州では英国で初めて発見された後、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデンで感染者が確認された。北米ではカナダや米国、オセアニア地域ではオーストラリアで感染者が発生した。さらに、スイスとイスラエル保健当局が21日追加感染事例を発表し、サル痘が広がった国は14カ国に増えた。疾病庁は「2016年サル痘診断検査法と試薬の開発・評価を完了し、現在の疾病庁でリアルタイムでPCR検査を通じて感染したかどうかを確認することが可能だ」と明らかにした。同時に、「サル痘の海外発生状況を注意深くモニタリングしており、今後の状況変化によりこの疾病を『管理対象海外感染病』に指定する方針も検討している」と明らかにした。サル痘を予防できるワクチンはない。ただし、WHOは天然痘ワクチンがサル痘を85%程度予防する効果があると見ている。疾病庁関係者は「3502万人分の天然痘ワクチンを保有している」と話した。サル痘は新型感染病ではない。1958年デンマークのある実験室の猿から初めて確認された。この猿が天然痘(痘瘡)と類似した症状を見せてサル痘という名前がつけられた。その後、サル痘はただ動物感染病だと知らされたが、1970年でコンゴのある子どもが感染した事実が確認された。現在は西部および中央アフリカ地域の風土病として位置付けられた。この病気に感染したげっ歯類や霊長類などと接触すれば感染する可能性がある。人間には病変や体液、呼吸器飛沫および唾のような汚染された物質との接触を通じて感染するが、その間アフリカ以外の感染が続く事例は珍しかった。症状は天然痘と同様に発熱や悪寒、頭痛、リンパ浮腫とともに全身に水泡(みずぶくれ)性発疹ができる。特に、手には水泡性発疹とともに激しいかゆみ症が現れる。潜伏期は普通6~13日で、症状が発現すれば2~4週間続く。WHOによると、感染者のほとんどは特別な治療を受けなくても自然に回復するが、致命率は3~6%程度だと明らかにした。最近発見された感染者はほとんどアフリカ旅行の履歴がない若者ということが分かった。英国保健専門家は英国やスペイン、ポルトガルなどで確認された感染者のほとんどが同性と性的関係をした人々ということが確認され、この疾病が性的関係を通じて感染するかを研究している。ナイジェリア科学アカデミーのオヤワル・トモリ元学長はエボラも最初は性的関係によって感染するという事実が知らされなかったという点を挙げ、サル痘もその可能性があると説明した。ただし、イタリアのラツィオ州保健局長はこの疾病性病と見なすのは早いと評価した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기