본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

金正恩氏、米ワシントン・ニューヨークを攻撃可能なICBM発射(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の金正恩総書記

北朝鮮が24日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。北朝鮮のICBM発射は2017年11月29日「火星15」発射以降1576日ぶりだ。これで北朝鮮は2018年米朝首脳会談の直前に宣言したモラトリアム(核実験とICBM試験発射猶予)約束を破った。

文在寅(ムン・ジェイン)政府が執権5年間推進してきた対北朝鮮政策「韓半島(朝鮮半島)平和プロセス」も原点に戻った。文大統領はこの日、緊急国家安全保障会議(NSC)を主宰して「北朝鮮の金正恩総書記が国際社会に約束した発射猶予を自ら破棄した」と述べた。次期韓国大統領・尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の大統領職引継ぎ委員会も「わが安全保障を脅かす重大な挑発」と非難した。

米ホワイトハウスはこの日、ジェン・サキ報道官の声明で「今回の発射は国連安全保障理事会の決議に対する図々しい違反」と糾弾し「必要なすべての措置を取る」と明らかにした。米国のインド・太平洋司令部も直ちに「韓日をはじめとする領域内同盟国およびパートナーらと緊密に協議している」と明らかにした。

注目すべき点は北朝鮮が今回発射したICBMの性能だ。合同参謀本部によると、北朝鮮がこの日午後2時34分ごろ平壌順安(ピョンヤン・スナン)一帯で発射した弾道ミサイルは高度6200キロメートルまで上がった後落下し1080キロメートルを飛行した。これは北朝鮮が2017年11月発射して頂点高度4475キロメートル、交差点950キロメートルで約53分間飛行した火星15を超える最高高度だ。ミサイル専門家である国防大学のクォン・ヨンス元教授は「正常角度で発射すればワシントン・ニューヨークなど米国本土の東部まで攻撃できる火星15(最大交差点1万3000キロ)級以上」と評価した。この日、北朝鮮のICBMは新型「火星17」というものに重きが置かれるが、軍当局は違う形のICBMになる可能性も念頭に置いている。火星17は長さ23メートル以上、胴体直径が2.3メートル以上で、世界で最も長くて太いICBMで「モンスターICBM」というニックネームで呼ばれる。

韓米はすぐに正面から対抗した。軍はこの日午後4時25分ごろ、江原道(カンウォンド)で「玄武2」と「ATACMS」など短距離弾道ミサイル(SRBM)を東海(トンヘ、日本名・日本海)上に発射する訓練で対抗した。

軍は24日、短距離弾道ミサイル(SRBM)発射はもちろん、艦対地ミサイル「海星(ヘソン)2」と空対地合同精密直撃弾「JDAM」で地上目標物を打撃する訓練も行って対応した。これはいつでも発射原点と指揮・支援施設を精密に打撃するのが目的だと合同参謀は説明した。


金正恩氏、米ワシントン・ニューヨークを攻撃可能なICBM発射(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기