본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

親文系「文政府が李在明候補を弾圧? …宋永吉代表は謝罪せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

宋永吉・共に民主党代表

12日、共に民主党で「宋永吉(ソン・ヨンギル)リスク」に対する懸念が公開的に噴出し、謝罪を求める水準に達した。民主党の宋永吉代表が前日、「李在明候補は文在寅(ムン・ジェイン)政府で弾圧を受けていた人だ。起訴されて死ぬところだったのではないか」と話したのが導火線になった。

民主党のキム・ジョンミン議員はこの日、フェイスブックに「いったい、こんな歪曲があるだろうか。その間発言を控えたが、このままではいけないと思う」として宋代表の謝罪を要求する文章を作成した。シン・ドングン議員も「国民の力が李俊錫(イ・ジュンソク)リスクで苦労した。わが民主党まで党代表リスクを心配することがあってはならない」とした。「ワンチーム基調」で李候補を助けている李洛淵(イ・ナギョン)前代表は「少なくとも民主党は差別化のような選挙戦略のために文在寅政府の成就まで事実でないように評価してはならない」と話した。

宋代表側関係者は「宋代表が文在寅政府で『尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長時代に』、李在明候補が弾圧を受けたということを言おうとしたが、途中で『尹総長時代』の部分を省略したこと」と釈明した。

李候補は「宋代表が検察の捜査権乱用を語っているうちに出たものだが、少し行き過ぎたようだ。政治的意図を持って話したのではないと思う」と話した。

この日、李候補はソウル瑞草区(ソチョグ)韓国産業技術振興協会で産業大転換7大公約を発表して「輸出1兆ドル、国民所得5万ドル、G5時代の土台を作りたい」と公約を語った。

また、「10大グループCEO(最高経営者)トーク」に参加しては「規制撤廃」を強調した後、「青年採用を果敢に増やすことを考慮してほしい」と呼びかけた。さらに、李候補はパク・ソヌ元韓米連合軍司令部副司令官、プ・ソクジョン元海軍参謀総長の民主党選挙対策委員会の「安保要人」招聘発表式で北朝鮮の発射体に関連して「北朝鮮の度重なる国連安全保障理事会決議違反を強く糾弾する」と述べた。

特に、前日、核を搭載した北朝鮮のミサイル挑発を防ぐ方法として「先制打撃」に言及した国民の力の尹錫悦大統領選候補に向かって「世界のどの指導者も先制打撃をむやみに口にしない。一歩間違えば、宣戦布告に解釈されるため」とし「まるで火薬庫の中で火遊をする子どもを見るように不安になる」と強く批判した。李候補は「(キルチェーンは)核と大量破壊兵器の攻撃が明らかで差し迫った時はそのターゲットを先制打撃するということであり、すべての挑発の場合に先制打撃するといえば結局戦争をするということになるしかない」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기