본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交市民団体、佐渡金山の世界遺産登録推進批判するポスター配布

ⓒ 中央日報日本語版

佐渡金山のユネスコ世界遺産登録推進を批判するポスター。[写真 VANK]

韓国外交関連市民団体のVANKは3日、日本が新潟県の「佐渡島の金山」をユネスコ世界遺産として登録しようとするのに対して批判するポスターを3日配布した。

VANKは「嘘をつく者! 嘘の重さに耐えることはできません」という見出しのポスターを韓国語と英語で製作してソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に配布した。

ポスターは佐渡金山の出口が崩れてふさがり、その下に旭日旗の柄の服を着た人が押しつぶされている。崩れ落ちた炭鉱には「端島」「朝鮮人強制徴用」「帝国主義」「侵略戦争」「歴史歪曲」「ユネスコ約束未履行」などの言葉が書かれている。

VANKのパク・ギテ団長は「ポスターは嘘が繰り返されるならば国際社会の信頼もまた崩れるということを警告する内容。日本がユネスコ世界遺産制度を利用して強制労働の過去を洗濯することを防がなければならない」と明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기