본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党代表「李在明候補の前科4件、すべて公益のためのもの」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候補

与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は23日、同党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補の前科記録について、「すべて公益のために奔走した内容」と積極的に擁護した。宋代表はこの日午後に中小企業中央会で開かれた「大転換選挙対策委員会職能本部発隊式」に参加し、李候補の人生を説明しながら李候補の前科4件をひとつずつ釈明していった。飲酒運転に対しても「飲酒運転はもちろん過ちだが、飲酒運転も情報提供者の話を聞くため急いで行こうとしてそうしたという」と擁護した。李候補は公務員資格詐称(2003年、罰金150万ウォン)、道路交通法違反(2004年、罰金150万ウォン)、特殊公務執行妨害(2004年、罰金500万ウォン)、公職選挙法違反(2010年、罰金50万ウォン)の前科記録がある。宋代表は「李候補に関する本(『人間李在明』)を読んでみると本当に険しく苦しく生きてきた」とし、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)で少年工として働いた事実と検定試験で大学に合格し人権弁護士として活動したことなどに言及した。続けて「20万市民の署名を受けて城南市議会に医療院を作ってほしいと条例を請求したが47秒でハンナラ党議員が主導する市議会が棄却した。これに大声を出したと特殊公務執行妨害罪で(処罰を受けたのが)野党が話す前科4件のひとつ」と話した。彼は「盆唐(プンダン)パークビュー事件を調査するため放送局のプロデューサーと議論していてプロデューサーが検事を詐称したのにそばにいたという理由で共犯とされたもの」とした。また「私も同じ前科、共犯だが、地下鉄の駅で名刺を配って引っかかったのが選挙法違反」と話した。宋代表は「李在明の人生はこのように庶民と苦しいところに抑強扶弱の精神でともにしてきた。8回試験に落ちて9回目になりその年老いた研修院生が権力を求めて検察に志願した人もいた」と「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補と比較した。宋代表は先月29日にフェイスブックを通じて所属国会議員と党員を対象に李候補に関する本『人間李在明』を推薦し、「読書感想文リレーキャンペーン」を促して議論を起こした。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기