본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>日本、オマーンに1-0勝利…B組2位に浮上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サッカー日本代表がオマーンに勝利し、2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組2位に浮上した。

日本は17日(日本時間)、オマーン・マスカットでB組第6戦に臨み、オマーンを1-0で退けた。後半36分に伊東純也が決勝ゴールを決めた。

9月のホーム第1戦でオマーンに0-1と衝撃的な敗戦を喫した日本はリターンマッチで雪辱を果たした。序盤につまずいた日本はこれで3連勝となり、勝ち点12(4勝2敗)で2位に順位を上げた。

同じ日、オーストラリアは中国と1-1で引き分け、勝ち点11点(3勝1敗2分け)にとどまった。後半25分、中国が武磊のPK成功で同点に追いついた。中国のおかげで日本がオーストラリアを抜いて2位に浮上したのだ。

オマーンは4位(2勝3敗1分け、勝ち点7)。B組1位は、ベトナムに1-0で勝利したサウジアラビア(5勝1分け、勝ち点16)だ。朴恒緒(パク・ハンソ)監督が率いるベトナムは6戦全敗で最下位。

アジア最終予選の各組1・2位は本大会に直行し、3位チームはプレーオフに回る。

A組ではイランがシリアに3-0で完勝した。イランは5勝1分け(勝ち点16)で、2位韓国(4勝2分け、勝ち点14)を抑えてトップを守っている。2位の韓国と3位のアラブ首長国連邦(勝ち点6)と勝ち点差は8で、イラン・韓国の2強体制が固まっている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기