본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>韓日戦、0-3で完敗…戦術-闘志-決定力「3無」の韓国代表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国代表のパウロ・ベント監督(手前) [写真 大韓サッカー協会]

戦術も、闘志も、決定力もなかった。「3無サッカー」のベント号が歴代80回目の韓日戦で10年前の悪夢を再現した。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー韓国代表は25日、横浜の日産スタジアムで開催された日本とのAマッチ親善試合で拙戦を見せ、0-3で完敗した。2011年に札幌で0-3で敗れた「惨事」を10年ぶりに再現した「横浜惨事」だ。

韓日戦で0-3で敗れたのはベント号が2回目。

10年ぶりの親善試合として開催された韓日戦でベント号は空回りした。まずベント監督が強調したビルドアップサッカーが日本のプレスを受けて消えた。韓国はこれに苦しみながらパスミスを連発した。李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)を前方に置いたゼロトップ戦術(ストライカーなくMFが攻撃に加担する戦術)は機能しなかった。

孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)、黄仁範(ファン・インボム、ルビン・カザン)、金珍洙(キム・ジンス、アル・ナスル)は負傷のため今回の招集から除外された。さらに最近コンディションが良い黄儀助(ファン・ウイジョ、ボルドー)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ライプツィヒ)、李在成(イ・ジェソン、ホルシュタイン・キール)は新型コロナ状況の中で招集できなかった。ベント号は羅相浩(ナ・サンホ、ソウル)、李同俊(イ・ドンジュン、蔚山)など若手選手を起用したが、日本のベテランDF吉田麻也が率いる守備ラインを突破できなかった。韓国はわずか1本のシュートに終わった。

主力選手が抜けた点を勘案しても、あまりにも簡単に崩れた。攻撃が封じられても守備は徹底しなければならなかった。しかし互いにボールを譲り合う無気力なプレーで先制ゴールを許した。韓国が危険エリアでボールを見合う間、大迫勇也のヒールパスから山根視来(川崎)に強烈なシュートを蹴り込まれた。前半26分には李康仁(イ・ガンイン)-洪チョル(ホン・チョル、蔚山)と続いたパスが途切れ、カウンターから鎌田大地(フランクフルト)にゴール隅に追加ゴールを決められた。

一度崩れた守備は回復しなかった。後半にも集中力を欠いて追加のゴールを奪われた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기