본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

第2の尿素水事態を懸念…韓国バッテリーが二重三重の防御

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国のバッテリー

中国発の尿素水不足事態の中、電気自動車のバッテリーを生産する韓国企業も似た状況に直面するのではというが懸念が強まっている。国内企業が生産するリチウムイオンバッテリーの主要原料の中国依存度が高いからだ。

韓国貿易協会によると、二次電池の核心素材、水酸化リチウムの今年1-9月の輸入量は中国産が計3万1498トンで全体の81.9%を占める。価格にすると約3億6370万ドル(約4313億ウォン、約416億円)で83.5%だ。2018年は66.9%、昨年は79.1%だったが、今年は依存度がさらに高まった。

水酸化リチウムは陽極材の材料。ニッケル・コバルト・マンガンなどを適当な割合で配合して前駆体を作り、ここに水酸化リチウムを混ぜれば陽極材となる。韓国鉱害鉱業公団によると、水酸化コバルトは2018年の52.4%から昨年は88.5%に、硫酸コバルトは49.6%から81.5%に、中国依存度が高まった。バッテリー材料の中国依存度が高い理由はコスト競争力のためだ。

しかし尿素水のようにバッテリー業界が原材料需給問題を迎える可能性は高くないという意見が多い。業界関係者は「ほとんどの国内バッテリー企業は中国原材料企業と戦略的パートナーシップを構築している」とし「供給が問題になる可能性はない」と話した。それでも物流状況の悪化に対応してサプライチェーンを多角化したり現地に工場を建設するなどの方法を模索している。

ポスコは最近、オーストラリアのリチウム鉱山企業ピルバラ・ミネラルズとの合弁会社設立に合意した。ポスコは水酸化リチウム抽出に必要なリチウム鉱石の供給をピルバラから年間31万5000トンずつ受ける。光陽(クァンヤン)栗村(ユルチョン)産業団地内の19万6000平方メートルの敷地に7600億ウォンを投資し、水酸化リチウム工場の建設にも着工した。年間4万3000トン規模の水酸化リチウムを生産する工場だ。これは電気自動車100万台分のバッテリーに入る量。

LGエナジーソリューションは9月、中国「グレートパワー・ニッケル&コバルトマテリアルズ」の有償増資に350億ウォンを投資し、4.8%の株式を取得した。これに先立ち8月には「オーストラリアン・マインズ」と長期購買契約を結び、2024年下半期から6年間、ニッケル7万1000トン、コバルト7000トンの供給を受ける。

SKオンは中国1位の陽極材企業BTRおよびEVEエネルギーと合弁会社を設立した。SKはバッテリー陽極材に含まれた水酸化リチウムを回収する独自の技術も開発した。大田(テジョン)に試験工場を建設中だ。

産業研究院のチョ・チョル博士は「リチウム鉱山投資のような原材料の確保はもちろん、環境問題まで考慮したバッテリー付属品の生産技術をさらに拡大し、中国に集中する原材料の供給を分散させる必要がある」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기