본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「少女像の場所」先占を巡って衝突…保守・反日団体の葛藤深まる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

3日、平和の少女像の近くで反日団体と保守団体の間に葛藤が広がる中、歩行者通路で転倒した保守派のユーチューバー。クォン・ヘリム記者

「あなたたちがそうだからといって不法が合法になるのか。合法的な集会の妨害しているのに警察は何をしているのか」

ウィズコロナの施行でソウル都心内の集会制限が一部緩和されながら、3日午前、ソウル鍾路区中学洞(チョンノグ・チュンハクドン)の旧日本大使館前では「平和の少女像」集会場所を巡って保守団体と進歩団体の間で衝突が起きた。

この日正午、平和の少女像前では保守団体「自由連帯」が集会を開く予定だったが、席を占めたのは進歩団体「反日行動」だった。自由連帯はこの日から来月1日まで該当場所で集会すると事前に届け出を終えた状態だった。集会の届出は所轄の警察署で30日前から先着順で受付を行っている。

午前早くから該当の場所を占拠した反日行動は「旧日本軍性奴隷問題の完全解決」などプラカードを持って自由連帯側の接近を阻んだ。正午からは「日本政府は戦争犯罪を謝罪して賠償せよ」という内容の集会を強行した。

時間が経過するにつれて葛藤はさらに深まっていった。警察も反日行動側に「届出がなかった不法集会」として解散命令を4回出したが居座りは続いた。この日、この場所だけに機動隊4個・計200人余りの隊員が投入された。

現場では反日行動の集会を不当だと主張する保守派ユーチューバーとこれを制する警察の摩擦も各所で起きた。ユーチューバーが歩行者の通路を遮って撮影しているため一般市民は通行に不便を強いられた。自由連帯側は少女像を保護するために設置されたフェンスの左側で「反日行動の人員は16人しかいない。警察は不法集会をする者を全員逮捕して、われわれが届け出た正当な集会を開けるようにしてほしい」としながら「強制解散手続きを直ちに執行してほしい」と声を高めた。

自由連帯のキム・サンジン事務総長は「自由連帯のボランティアメンバーは1年6カ月間、この場所を守るために24時間鍾路警察署で待機してきた」とし「われわれは尹美香(ユン・ミヒャン)の拘束、正義連の解体、おばあさんを利用して募金したお金をおばあさんのところに返すよう求める主張が受け入れられる時まで、場所の先占を続ける」と話した。

あわせて「現在、警察が衝突防止を口実に、むしろ反日行動の集会を保障しているようだ」とし「通常、解散命令3~4回目に強制解散に突入するが、警察と反日行動が組んで演劇でもしているかのようだ」と主張した。

昨年7月8日以降、記者会見方式ではない「集会」という形でこの日開かれた「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」の「水曜デモ」は、自由連帯の先占行為により、平和の少女像から10メートルほど離れた聯合ニュース社屋前で行われた。

正義連の李娜栄(イ・ナヨン)理事長は「少女像の場所を取り戻すためにどのような対応をするか」という質問に「自由連帯は24時間警察署に常駐して集会の届出をしているが、どのような方法であの場所を取り戻すことができるか」とし「嫌悪を嫌悪で返さない」と話した。

李理事長はこの日、週間報告を通じて「平和路を戦争ではなく戦場にしているあの人たちこそがまさに水曜デモの精神が活かされるべき根拠だ。いかなる政府間の合意にも日本軍性奴隷制問題が解決できなかったという証拠」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기