본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>豪州に勝利も組4位に落ちた日本…アジア最終予選

ⓒ 中央日報日本語版
日本が12日に行われた2022カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第4戦で1位のオーストラリアに2-1で勝利したが、順位は組4位に落ちた。同組のオマーンがベトナムに3-1で勝ったからだ。

2勝2敗(勝ち点6)の日本はオマーン(勝ち点6)に得点で下回って組4位となった中、B組ではサウジアラビア(勝ち点12点)とオーストラリア(勝ち点9)がそれぞれ1位、2位を占めている。

2022カタールW杯アジア最終予選では各組2位までがW杯本大会に直行し、各組3位はアジア地域プレーオフで大陸間プレーオフに出るチームを決定する。

現在、A組ではイランが1位、韓国が2位。このまま進めばイランと韓国が本大会に直行する。日本が3位となる場合、日本はA組のレバノン、アラブ首長国連邦(UAE)、イラクのうち1国とアジア地域プレーオフをする可能性が高い。プレーオフは一発勝負だ。

アジア地域プレーオフで日本が勝利すれば、大陸間プレーオフに出場する。大陸間プレーオフにはアジア、南米、北中米、オセアニアのチームが出る。国際サッカー連盟(FIFA)は今後の抽選で大陸間プレーオフの対戦を決める予定だ。アジアのチームは1998フランスW杯から大陸間プレーオフに出ているが、W杯本大会進出には2回成功した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기