본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国で頭2つ・足6本の突然変異の子ガメが孵化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

カメ

米国マサチューセッツ州で2つの頭を持つダイヤモンドバックテラピン種の亀が見つかった。12日(現地時間)、ワシントン・ポスト(WP)によると、米国マサチューセッツのニューイングランド野生動物センター(NEWC)は公式ホームページを通じてBirdsay Capeセンターでシャム亀(結合亀)が孵化したと紹介した。

名前は「マックナゲット」。小さく可愛らしい様子からこのように名付けられた。マックナゲットは孵化の前に州の天然資源部研究員の目にとまり、Birdsay Capeセンターにやってきた。先月22日に移され、その1週間後に孵化した。

マックナゲットは2つの頭が1つの甲羅を共有している。孵化する時も2匹が各自卵を破って出たという。足は各頭に3本ずつ、合計6本だ。レントゲンで確認すると胃や肺など臓器機関は対称に2つずつ存在した。呼吸も食物消化も別々に行う。脊椎は上側は分離していて、先の部分は一つになっていた。

マサチューセッツ州で2つの頭をもつ亀が発見されたのは今回が初めてだ。センター代表のカトリーナ・バーグマン(Katrina Bergman)氏は「スタッフも2つの頭を持つ動物や亀を初めて見て慌てている」とし「マックナゲットを助けるための方法を研究している」と伝えた。

幸いマックナゲットは元気に成長中だ。孵化当時6.5グラムだった体重は2週間で7グラムに増えた。大きさも1インチから3インチに大きくなった。水泳もする。水に浮かべると、各頭が右の足を3本、左の足を3本それぞれ別に制御している。右側が左側よりすべての面で元気で強い。

ダイヤモンドバックテラピン種は海水と淡水が出会う川の河口に棲息する水生亀だ。甲羅の形が美しく、食用としても使用され、米国で高い人気を誇る。だが、大量捕獲と棲息地の破壊でこの地域では絶滅危惧種となっている。

獣医師はマックナゲットを環境的、遺伝的要因に伴う突然変異とみている。オハイオ大学生態進化生物学のウィレム・ルーゼンバーグ教授は「脳を持たずに生まれる無脳症亀は見たことがある。テラピン種で2つの頭を持った亀は初めて」としながら先天的奇形の可能性を提示した。

問題はマックナゲットがどれくらい苦痛なしで生きることができるかだ。テラピン種の寿命は数十年といわれている。ルーゼンバーグ教授も34年になる愛玩用テラピン亀を飼っているとし、長ければ80歳まで生きると話した。

しかし奇形を持つマックナゲットは寿命がそれほど長くないのではないかと予想される。今は問題ないように見えるが、体格が大きくなるほど生存の可能性は低くなる。センターはマックナゲットがさらに成長してからCT撮影で生存の可能性を判断する計画だ。バーグマン氏は「私たちの唯一の悩みはマックナゲットがどのように苦痛なく一日一日を生きるかということ」とし「最悪の場合、人道的次元で安楽死の可能性もある」と説明した。

センターは最後までマックナゲットを見守る計画だ。治療が終わった動物は野生に戻さなくてはならないが、マックナゲットは野生で生存する可能性が低いためだ。バーグマン氏は「今はよく食べているか、体重は増えているか、よく便をしてよく寝ているかを観察するのがマックナゲットのための仕事」とし「初めて会った2つ頭の小さな亀を見守ることに全員がやりがいを感じている」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기