본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米NBC「『イカゲーム』ネット上の口コミでヒット…K-ドラマも世界敵流行」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

Netflix(ネットフリックス)の韓国オリジナルシリーズ『イカゲーム』のポスター。[写真 Netflix]

Netflix(ネットフリックス)の韓国オリジナルシリーズ『イカゲーム』が世界的に人気を呼んでいるなかでK-POP、韓国映画に続き韓国ドラマが世界的に流行しているとの報道があった。

4日(現地時間)、米国NBC放送はBTS(防弾少年団)・BLACKPINK(ブラックピンク)のようなK-POPグループの人気が持続的に高まり、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が昨年アカデミー作品賞を受賞してハリウッドで頭角を現わしたことに続き『イカゲーム』という韓国ドラマが世界的にヒットしていると伝えた。

『イカゲーム』は世界オンライン動画サービス(OTT)ランキングの集計サイトであるFlixPatrolのテレビショー部門で12日連続1位を独走している。グローバルデータ分析企業Parrot Analyticsのシニアアナリストであるジュリア・アレクサンダー氏はNBCとインタビューで「『イカゲーム』は途方もない成功を収めた」とし「Netflix経営陣もこのドラマが世界的にヒットするとは思わなかっただろう」と話した。

アレクサンダー氏は「歌手、俳優、映画製作者、運動選手など韓国の人材に対する需要が非常に多いので米国中の会社が彼らを呼び集める方法を捜し出そうと努力している」とし「韓国の人材は需要が高いだけでなくコストが低い場合が多く、Netflixが『イカゲーム』のようなコンテンツを今後も多く作ることができるだろう」と展望した。

NBCは『イカゲーム』のヒット要因の一つに口コミを挙げた。このドラマは米国で特別な広告をしていなかった。その代わり、従来のアイデアやコンセプトに基盤を置かない完全にユニークな特性でSNSで話題になっている。

実際、「TikTok」のハッシュタグ「#SquidGame」は照会回数228億回以上を記録しているが、世界の数多くのインターネットユーザーが各種ミーム(meme・インターネットで流行する写真・映像など)を作って共有し、このドラマが口コミに乗って人気を得たという分析だ。

言語的アクセシビリティの良さも世界的な興行を導いた秘訣に挙げられた。『イカゲーム』は韓国語で撮影されたが、37カ国の言語で字幕がつけられた。これに加えてNetflixは34カ国の言語で吹き替え版を提供し、字幕を読みたくない視聴者にも負担なく楽しめるようにしたとNBCは伝えた。

先月17日、Netflixで配信が始まった韓国ドラマ『イカゲーム』は底辺の人生に追い詰められた456人が命をかけたサバイバルを通じて賞金456億ウォン(約43億円)を手に入れるための競争を描いた作品だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기