본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米ホワイトハウスがまた半導体会議、サムスン電子に内部情報提出を要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米ホワイトハウスがグローバル半導体・自動車企業をまた招集した。今年に入ってすでに3回目だ。

米ホワイトハウスは23日(現地時間)のブリーフィングで「世界的な半導体不足など生産支障問題を議論するためにホワイトハウスでオンライン会議を開いた」と明らかにした。この日の会議はレモンド商務長官とブライアン・ディーズ米国家経済会議(NEC)委員長が開いた。バイデン米大統領は出席しなかった。

バイデン政権が「半導体サミット」を招集したのは今年3回目。この日の会議には韓国サムスン電子をはじめ、台湾TSMC、インテル、マイクロソフト(MS)、アップル、ゼネラルモーターズ(GM)、BMW、ステランティスなどグローバル半導体・自動車企業が参加した。

この日の半導体サミットでは解消の兆候が見えない世界半導体不足・ボトルネック現象、これによる需給見通しを集中的に議論したという。ホワイトハウスのサキ報道官は「半導体不足問題はバイデン大統領が関心を持つ最優先順位の一つ」とし「この日の会議では半導体市場の透明性と信頼増進について議論した」と明らかにした。

これに関連し米国政府の過度な市場介入が俎上に載せられた。ブルームバーグによると、米商務省は「半導体市場の透明性」を名分に、関連企業に対し45日以内に半導体の在庫・注文・販売などに関する帳簿を提出するよう要求したという。

レモンド長官は会議後、ロイターのインタビューで「情報提供要請は透明性を目標にしている」とし「(半導体需給)ボトルネック現象がどこで発生しているかを知るためのこと」と明らかにした。

最近の半導体市場の不確実性は「供給側と顧客会社の在庫ミスマッチ」から生じた。しかしこれを理由に米国政府がグローバル企業に内部情報の提出を要求するのは過度な干渉として映る。ブルームバーグは「米商務省の企業情報提出要求に会議に参加した多くの企業が困惑している」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기