본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮「新型長距離巡航ミサイルを試験発射…1500キロメートル先の標的に命中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の党創建75周年閲兵式で公開された新型ICBM「火星16」

北朝鮮は13日、新たに開発した新型長距離巡航ミサイルの試験発射を成功裏に行ったと明らかにした。

朝鮮中央通信はこの日、「国防科学院は9月11日と12日に新たに開発した新型長距離巡航ミサイルの試験発射を成功裏に行った」とし「発射された長距離巡航ミサイルは国家の領土と領海上空に設定された楕円および8字形飛行軌道に沿って7580秒飛行し、1500キロメートル先の標的に命中した」と13日、伝えた。

通信は「試験発射を通じて新たに開発したタービン送風式発動機の推進力をはじめとする技術的指標とミサイルの飛行操縦性、複合誘導結合方式による末期誘導命中正確性が設計上の要求事項をすべて満たした」とし「総評武器体系運営の効果性と実用性が優れていることが確証された」と説明した。

今回の試験発射は朴正天(パク・ジョンチョン)党秘書と金正植(キム・ジョンシク)党軍需工場部副部長、全日好(チョン・ イルホ)国防科学院党委員会委員長の参観下で実施された。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は姿を表わさなかった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기