본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

本性現したタリバン、初の警察高官の女性を石で残忍に殴打

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

グラフロズ・エブテカールさん[インスタグラム キャプチャー]

アフガニスタン政権を掌握したイスラム武装組織タリバンが女性の人権を保障すると世界に宣言した中、タリバン組織員が警察幹部を務めた女性を集団で暴行したという証言が出た。

先月31日(現地時間)、米紙ニューヨークポスト、英紙デイリーメールによると、アフガン内務省犯罪捜査次長を務めたグラフロズ・エブテカールさんは、ロシアメディアとのインタビューで、タリバンから残酷な殴打を受けたと述べた。

エブテカールさんはアフガンで初めて、警察高官になった女性で、多くのアフガン女性のロールモデルになったという。エブテカールさんは放送やSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などを介して女性や子どもの権利を主張しており、イスラム過激派などに対抗してきた。

しかし、先月15日、タリバンがアフガン首都カブールを掌握したことで状況は急変した。エブテカールさんも生存のためにアフガンを脱出しようとした。エブテカールさんは首都カブールの国際空港の近くで水も食料もない状態で5日間過ごし、脱出の機会を狙った。

エブテカールさんは外信に「私と家族を救うために、複数の国の大使館に連絡をとったが、いずれも無駄だった」と述べた。エブテカールさんは当時、空港に駐留していた兵士に助けを求めたが、むしろ市内に追いやられたと主張した。

エブテカールさんは再び空港に移動して脱出しようとしたが、タリバン組織員が妨げた。エブテカールさんは「タリバン組織員は拳や武器、軍靴、さらには石で私を殴った」とし「殴られて立ち上がることができず、話をすることさえできなかった」と訴えた。

エブテカールさんは、タリバンから自身の職業のため警告を受けたと述べた。エブテカールさんは「タリバンは私に警察で働いてはならないし、女性の人権について語る資格がないと伝えた」とし「なぜSNSに写真を上げるのかも尋ねた。今はもう、彼らが力を持った」と嘆いた。また「タリバンは決して変わらない」とし「彼らは女性が働いたり公職に参加したりし、自由になることに同意しないだろう」と警告した。

タリバンは女性がイスラムのシステムの中で、教育、医療、就業など、すべての権利を持つことになると述べた。しかし、女性の人権弾圧の事例は、メディアなどを通じて報道され続けている。実際にアフガン女性がブルカを着用しなかったという理由でタリバンに射殺される事件が発生し、組織員との結婚を強要されたという事例も出てきた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기