본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トランプ氏「私ならタリバンは身動きできなかった」…側近が明らかにした「降伏協定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
トランプ前政権の「安保指令塔」として苦言をはばからなかったマクマスター元国家安保会議(NSC)補佐官がトランプ前米大統領に向けまた「直撃弾」を飛ばした。23日のCNNやインディペンデントなどによると、マクマスター氏はポッドキャストに出演し昨年トランプ政権がタリバンと結んだ平和協定を「降伏合意」と非難した。

トランプ氏はこれに先立ちアラバマ州で開かれた集会でバイデン大統領に向け「誤った軍撤退は総体的無能さを見せるもの。私が大統領だったらタリバンが米国製の武器を持って行進することは夢にも見ることはできなかっただろう」と主張した。その後トランプ政権時代の安全保障担当補佐官が相次いでトランプ前大統領と一線を引いた。

マクマスター氏はポッドキャスト「Honestly」に出演し、「わが国務長官(ポンペオ氏)はタリバンとの降伏協定に署名した。この大騒ぎは2020年の降伏合意に遡る。タリバンはわれわれを敗北させなかった。われわれはわれわれ自ら敗北した」と一喝した。

インディペンデントはマクマスター氏を「アフガニスタンの混乱とともに2020年2月にあったトランプ政権とタリバンとの合意から距離を置こうとする多くの元トランプ政権の官僚の1人」とした。

これに先立ちボルトン元ホワイトハウス補佐官(国家安全保障担当)もCNNとのインタビューでトランプ氏を批判した。彼は「トランプが再選に成功してもやはり(軍撤退を)同じようにしただろう。アフガニスタン撤退問題でトランプとバイデンは全く同じだ」と話した。

インディペンデントは、タリバンが米軍撤退とともにアフガニスタンを再占領したことと関連し、前政権で結んだ合意条件に対する新たな調査が行われていると伝えた。バイデン大統領は今年初めの当選とともに「合意に基づいてアフガニスタンから軍を撤退しなければタリバンと新たな対立を甘受しなければならない」と話していた。ただバイデン大統領は以前の政権で合意がされていなくても究極的にはアフガニスタンからすべての軍隊を撤退しただろうとした。

トランプ氏は21日にアラバマ州カルマンでの集会で、アフガニスタンからの軍撤退と関連しバイデン大統領を非難した。彼は今回の軍撤退に対し「米国の歴史上最大の屈辱」としながら、「私が大統領だったら米国はタリバンが思いもよらないほど明確に線を作り、こうしたことは絶対起きなかっただろう」と強調した。その上で、米国がアフガニスタンに人材と装備を残してきたことをめぐり「軍撤退ではく降伏」と一喝した。

2020年9月にドーハで開かれたタリバンとの協定署名式に参加したポンペオ前国務長官はフォックスニュースに「トランプ政権がタリバンを信頼したことはなく、交渉が合法化されたと信じもしなかった」と主張した。彼は「合意は条件に基づいたものであり、条件と異なる状況になったなら米国はタリバンに報復しただろう」とも話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기