본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

俳優パク・ソジュン、映画『ザ・マーベルズ』の4番目のヒーローに? アマデウス・チョ役か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

俳優パク・ソジュン[写真  Awesome ENT]

俳優パク・ソジュンのマーベルのヒーロー映画に出演する可能性が大きいことが分かった。韓国で活動している俳優の中でマーベル・シネマティック・ユニバース)プロジェクトに合流するのは女優スヒョン、俳優マ・ドンソクに続いて3回目だ。

3日、米国の映画情報サイトIMDBによると、2022年11月公開予定の映画『ザ・マーベルズ』のキャストボードにパク・ソジュンが4番目に入っている。映画で役割の比重の順に出演者リストを並べるIMDBの特性上、パク・ソジュンが4番目に比重のある役を演じるという意味だ。他の出演者は、ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル役)、テヨナ・パリス(モニカ・ランボー役)、イマン・ヴェラーニ(ミズ・マーベル役)などが登場する。

米国芸能メディアのスクリーンラントはパク・ソジュンが『ザ・マーベルズ』に出演し、4番目のマーベルヒーローとして合流する可能性があると報じた。同時に、パク・ソジュンが韓国系ヒーローである「アマデウス・チョ」を演じる可能性が大きく、他のヒーローや悪党を演じるかもしれないと見通した。「アマデウス・チョ」はマーベルシリーズ『インクレディブル・ハルク』で優れた頭脳の持ち主で描写されるキャラクターで、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で女優スヒョンが演じたヘレン・チョの息子だ。

映画『ザ・マーベルズ』は2019年公開したマーベル初めての女性ヒーローの単独映画『キャプテン・マーベル』の続編だ。マーブル史上初の黒人女性監督であるニア・ダコスタが演出を手がけた。これに先立ち、ダコスタ監督は自身のSNSにパク・ソジュンの写真と「私の新しいドラマの彼氏」というコメントを書き込み、ファンであることを明らかにしたことがある。

MCUの韓国に対する関心も高い。スタジオ側はすでにスヒョンとマ・ドンソクなどを映画に出演させたことがあり、前作の映画撮影の一部を韓国で撮影したこともある。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ではソウルの麻浦(マポ)大橋や上岩洞(サンアムドン)DMC(デジタルメディアシティ)、清潭(チョンダム)大橋、江南大路(カンナムデロ)などを背景にヒーローが決闘を繰り広げたりもした。マ・ドンソクがヒーロー「ギルガメッシュ」役で出演した映画『エターナルズ』は11月公開を控えている。

一方、パク・ソジュンの所属事務所Awesome ENT側は、マーベルの映画出演に関して「ノーコメント」という立場だ。通常、ハリウッドの制作会社はラインナップ発表までキャスティングなど関連事案に対する秘密保持を求める。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기