본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『愛の不時着』今年日本のネットフリックスで1位…トップ10の半分が韓国ドラマ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

今年日本で大きな人気を得た韓国ドラマ『愛の不時着』。[写真 Netflixキャプチャー]

日本の韓流ブームに再度火を付けたtvNのドラマ『愛の不時着』が、ネットフリックス日本法人が14日に発表した「2020年、日本で最も話題になったTOP10」で1位に上がった。2月から日本のネットフリックスで配信を開始したヒョンビンとソン・イェジン主演の『愛の不時着』は日本国内で今年最も多い日数にわたり「今日のTOP10」の座を守って善戦した。ネットフリックス日本法人は「韓国の若き女性起業家と北朝鮮の軍人とのドラマティックな恋愛模様を描く一方、コメディ、アクション、サスペンスの要素も含んだ高クオリティの脚本と映像が多くのファンの心を掴みました」と紹介した。

韓国ドラマは総合トップ10のうち5本を占め、韓国ドラマの威容を見せつけた。今年初めに放映されたパク・ソジュン主演のJTBC『梨泰院クラス』が2位に入ったのに続き、2018年の作品であるtvN『キム秘書はいったい、なぜ?』が9位となった。パク・ソジュンがペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、ヒョンビンに続く次世代韓流スターに浮上したおかげだ。キム・スヒョンの軍除隊後の復帰作として話題を集めたtvN『サイコだけど大丈夫』とパク・ボゴムの入隊前最後の作品であるtvN『青春の記録』はそれぞれ6位と8位になった。

日本の作品はネットフリックスとフジテレビが共同制作した芸能番組『テラスハウス:Tokyo2019-2020』が3位、ネットフリックスのオリジナルドキュメンタリー『ARASHI’s Diary-Voyage-』が7位などドラマ以外が大部分だった。『ハイキュー!!』が4位、『炎炎ノ消防隊』が5位、『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』が10位など、アニメーションも強かった。

ネットフリックス日本法人はこのほか、「日本で最も勢いのあった韓国ドラマTOP10」を別途発表した。総合トップ10に上がった作品以外にもJTBC『私のIDはカンナム美人』が2位、tvN『スタートアップ:夢の扉』が6位、JTBC『サンガプ屋台』が8位、tvN『ハイバイ、ママ!』が10位となり、「最も話題になったドキュメンタリーTOP10」では『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』が2位に入った。

通常ネットフリックスが国別の「今日のトップ10」以外の視聴ランキングなどのデータを公開していないことを考慮すると、ネットフリックス日本法人が独自に順位を発表したのは極めて異例だ。ネットフリックス日本法人は「韓国ドラマの視聴が昨年と比較して6倍以上に成長。韓流ファンの裾野がさらに広がった一年だった」と分析した。『愛の不時着』は日本の出版社の自由国民社が1年間に流行した新造語を選んで発表する「2020ユーキャン新語・流行語大賞でトップ10に入った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기