본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「第4次韓流の主役」俳優パク・ソジュン、日本など全世界で注目

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

俳優パク・ソジュン

俳優パク・ソジュンが全世界で注目を集めている。

出演作品に対する関心はもちろん、インタビュー、広告、オンラインファンミーティングまで業界の熱い反応が絶えず続いているとのこと。

パク・ソジュンが出演した作品は世界的な動画配信サービス(OTT)「ネットフリックス」を通じて全世界190カ国に公開され、国内だけでなく日本、フィリピン、香港、台湾、タイ、シンガポールなどアジアを中心に高い人気を呼んでいる。12月14日午前、日本ネットフリックスが発表した2020総合TOP10によると、韓国ドラマ5編が順位入りを果たし、その中でJTBC『梨泰院(イテウォン)クラス』は2位、tvN『キム秘書はいったい、なぜ?』は9位にランクインして2つの作品も選ばれた。特に『梨泰院クラス』は3月末ネットフリックスを通じて日本に公開され、最近までもデイリーランキングTOP10に入って着実に人気を見せている。

『キム秘書はいったい、なぜ?』もネットフリックスの日本サービス開始直後である10月第一週目からランクインし、10週連続で週間ランキングTOP10に入り、日本ネットフリックスが発表した今年最も人気のある韓国ドラマ1位に選ばれるなど、パク・ソジュンは出演作品が日本国内でブームを巻き起こしていることを実感させる。このようなパク・ソジュンの人気は日本有名マガジン「Mens NonNo」「anan」をはじめとする各種週刊誌のグラビア撮影とインタビューにつながるなど現地に訪問してなくてもブームを巻き起こして「第4次韓流」の主役として注目される。

また『梨泰院クラス』はグーグルが発表した2020今年の検索キーワードのドラマ/芸能部門で1位を占め、国内総合部門ランキングでも4位にのぼり、ドラマとしては唯一10位入りを果たした。ドラマだけでない。最近tvN人気バラエティ『ユン食堂3』出演の便りが伝えられ、2018年スペイン・ガラチコで撮影した『ユン食堂2』がもう一度話題になっている。新型肺炎で往来が不可能になって以降『ユン食堂2』のロケ地だったスペイン現地の報道機関とフランスなど欧州メディアも書面インタビューを要請するなどパク・ソジュンに向かった関心を表していると。

海外広告界からのラブコールも着実に増加している。パク・ソジュン側は「最近契約を締結したフィリピン通信社『SMART』、インドネシアオンラインコマースプラットホーム『Blibli』の広告以外にも衣類、電子機器など多数の世界的なブランドと契約を協議中」と伝えた。このような現地の反応のおかげで日本、フィリピン、インドネシアなど多様な国でファンたちとオンラインで会える「オンラインファンミーティング」についても多く提案されているという。

このように国内を越えて海外でも熱い反応が続いている中、2021年にもパク・ソジュンの世界的な人気は引き続き上昇の勢いを見せるものとみられる。現在、韓国国内で撮影を終えた映画『ドリーム(仮題)』に続き、『コンクリート・ユートピア(仮題)』まで2本の映画出演を知らせたパク・ソジュンの2021年の活動にも期待が集まる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기