본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<東京五輪>「韓日戦」控えた女子バレーボール、必須勝利条件3種類

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国女子バレー代表チーム

韓国女子バレーボール代表チームが「球技韓日戦」の3番目の走者として出る。勝利に向けた3種類の条件がある。

韓日戦は国際大会の白眉だ。「じゃんけんでも負けてはならない」という言葉があるほど激しい自尊心対決が繰り広げられる。敵地で行われる東京五輪。大会開幕前から日本の極右勢力が政治的問題で韓国の動きを牽制し場外戦を行った。選手団の必勝への意志も沸き上がっている。

韓国女子バレーボールは31日に予選リーグ第4戦で日本と対戦する。男子ラグビー、女子ハンドボールに続き球技で3回目の韓日戦を飾る。韓国は1976年のモントリオール五輪から36年ぶりのメダル獲得を狙った2012年のロンドン五輪3位決定戦で日本に敗れ目標達成に失敗した。2016年のリオ五輪では予選で日本に勝利し雪辱を果たしたが、準々決勝でオランダに敗れメダル獲得に失敗した。

韓国はこれに先立ち行われた予選リーグ第1戦と第2戦で1勝1敗を記録した。25日のブラジル戦ではセットスコア0-3で完敗し、27日のケニア戦は3-0で勝利した。予選第4戦となる日本戦では自尊心対決だけでなくベスト8進出の分水嶺になる。

先の2つの競技で明らかになった課題を解決しなければならない。まず主攻撃手パク・ジョンアのサーブレシーブをもっと安定させる必要がある。パク・ジョンアはケニア戦で数回レシーブが弱い特定選手を狙った攻撃を受けた。第2セット14-6でリードする状況ではレシーブに失敗して失点し、セット終盤にはキム・ヨンギョンと動線が重なったりもした。薄氷の勝負が続いた第3セット序盤にも2度にわたり不安なレシーブが出てきた。

パク・ジョンアは2016のリオ五輪準々決勝で数回の不安なレシーブにより敗北の口実を提供した。彼女に向けた非難があふれた。しかしそれを成長痛として、訓練と実戦を通じレシーブ能力を引き上げた。ケニア戦でも数回の失敗の後上気した表情を作ったりもしたが、レシーブを受けた後に直接攻撃に加担し得点を成功させたりもした。より良くなるだろう選手だ。

ライトのキム・ヒジンの攻撃力ももっと改善しなければならない。ラバリニ監督は国際大会で唯一良い試合力を見せたキム・ヒジンを今大会のキープレーヤーに選んだ。5月に左ひざの骨片除去手術を受けて空白期があった彼女を選抜しキャプテンにした理由だ。

キム・ヒジンは五輪前哨戦だったバレーボールのネーションズリーグも出場できなかった。実戦感覚が低下した状況で所属チームが違うセッターのヨム・ヘソンと息を合わせなければならない。ひとまず27日のケニア戦では良い呼吸を見せた。両選手は前衛・後衛、移動攻撃をあまねく試みて20得点を生み出した。韓国もエースのキム・ヨンギョンに偏重される単調な攻撃を避けることができた。キム・ヒジンがケニア戦ほどの良い攻撃力を見せるならば日本撃破も一層容易になる。

29日に行われるドミニカ共和国との予選第3戦の結果と競技力も日本戦に影響を及ぼしかねない。ドミニカ共和国は世界ランキング7位の強豪だ。女子バレーボールは各組の6カ国のうち上位4チームが準々決勝に進出する。ドミニカ共和国戦で敗れ1勝2敗になればメンタル面でプレッシャーがかかる状態で日本戦を迎える。勝利が最善だ。負けても2セット以上取りセット得失差の管理をしなければならない。日本戦に悪影響を及ぼさない競技力が必要だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기