본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<東京五輪>バドミントンのホ・グァンヒ、世界ランキング1位桃田賢斗制圧+韓日戦圧勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国バドミントン男子シングルス代表のホ・グァンヒ(36)が大魚を釣った。世界ランキング1位を破った。

ホ・グァンヒは28日、東京武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれた2020東京オリンピック(五輪)バドミントン男子シングルスのグループA予選で日本の桃田賢斗を相手に2-0(21-15,21-19)の勝利を収めた。ホ・グァンヒは26日に開かれたグループA初戦で米国ティモシー・ラムを2-0で下している。世界ランキング38位のホ・グァンヒに88位のラムは対戦相手にならなかった。

勢いを続けた。世界ランキング1位の百田とトーナメント進出権をかけて対決したこの日の競技で、第1ゲーム23分の時点で6点差と圧倒した。5-10、5点差で相手を追う状況で粘り強い守備で相手の凡ミスを誘った。試合の流れをひっくり返した後、コーナーを刺す精巧なストロークで点数を重ねた。

接戦が続いた第2ゲームも21-19でおさえた。リードしながらも同点に追いつかれたが、再び突き放す底力を発揮した。19-19、薄氷の勝負で2連続得点をあげて東京五輪バドミントン最大の異変を演出した。

ホ・グァンヒは大会開幕前のコメントで「バドミントンといえばホ・グァンヒという名前が出るような選手になりたい」と話し、大きな抱負を伝えた。すでにその目標は達成した。韓日戦での勝利なので一層貴重だ。

ホ・グァンヒは第1シード(桃田賢斗)がいるグループAで1位を占め、準決勝ではなく決勝に直行した。メダル圏への進入に対する期待を高めた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기