본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

帰国の韓国清海部隊、301人のうち9割が感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス(新型肺炎)集団感染(クラスター)が発生した清海(チョンヘ)部隊第34陣の将兵全員を韓国に移送するために出国した特殊任務団が19日(現地時間)、駆逐艦「文武大王」に乗艦している。[写真 韓国国防部]

新型コロナ感染拡大のため任務を中断して全員が帰国した清海(チョンヘ)部隊第34陣で、感染者が追加で確認された。国防部によると、20日に帰国した部隊将兵301人全員を対象に改めて遺伝子増幅(PCR)検査をした結果、全体の感染者数は270人だった。現地を出発する前に247人だった感染者が国内の検査で23人増えた。1回目で266人の感染が確認され、再検査の対象となった12人のうち4人が陽性と判明した。全体301人のうち陰性は31人だけだった。

このように部隊員の89.7%が新型コロナに感染したのは、軍当局の無能・無知・無計画の3無による総体的人災のためという指摘が軍の内外で出ている。清海部隊第34陣は軍の新型コロナワクチン接種が始まった3月より前の2月8日に鎮海(チンヘ)を出発したため接種対象から除外されたというのが国防部の釈明だ。しかし李チェ益(イ・チェイク)国民の力議員によると、国防部の「軍新型コロナ予防接種施行基本計画」では接種の第1順位が医務部隊、第2順位が必須作戦部隊であり、清海部隊は優先順位に入っていなかった。

国防部は2-3月に疾病管理庁と2回にわたり海外派兵者のワクチン接種に関する実務協議をし、派兵部隊だけでなく長期派遣者に対する包括的な指針を議論した。この席で疾病管理庁は、ワクチンが不足するため国内の接種が優先という原則を明らかにしたという。李チェ益議員は「現地での接種が難しければ出国を延期してでも接種すべきだった」と指摘した。

さらに大きな問題は、軍当局が清海部隊の出発後にワクチン接種を推進しなかった点だ。別の派兵部隊のアーク部隊(アラブ首長国連邦)とハンビッ部隊(南スーダン)はそれぞれ駐留国と国連の協力で現地でワクチンを接種した。国防部は「清海部隊は多国籍軍所属であり、主に寄港する国は外国軍に対するワクチン接種を認めていない」という立場だ。しかし多国籍軍を主導する米国は昨年12月から在韓米軍将兵にワクチンを接種し、韓国軍のKATUSA(在韓米軍管轄下の韓国陸軍兵士)のほか韓国人軍務員も対象に含めた。

報告の遅延も問題だ。中央日報の取材の結果、国防部が清海部隊の感染者発生に関する報告を最初に受けたのは、現地PCR検査で感染者2人が確認された後の14日早朝だった。しかし合同参謀本部が国会に報告した文書によると、風邪の症状の患者はすでに2日に1人が発見され、5日に18人、9日に78人、10日に95人に増えた。清海部隊は10日、これを合同参謀本部に報告した。11日には105人に増え、合同参謀本部は12日に状況の緊迫感を把握した。しかし合同参謀本部はこれを直ちに国防部に知らせず、結局、最初の患者発生から国防部長官への報告まで2週間もかかった。軍関係者は「海外派兵部隊の責任を負う合同参謀本部が清海部隊の異常兆候を10日間も見逃し、国防部に適時に報告もしなかったというのはほとんどあり得ないこと」と指摘した。

河泰慶(ハ・テギョン)国民の力議員が清海部隊の兵士の父から情報提供を受けた内容によると、部隊には新型コロナに対応する酸素や医薬品もなかった。その代わりに「熱が39-40度まで上がってもタイレノール2錠ずつ配って持ちこたえるよう指示が出たのがすべてだった」という。合同参謀本部が国防部の指針を守らず、迅速抗原検査キットの代わりに判別力が落ちる迅速抗体検査キット800個を部隊に支給したのも判断を誤った原因に挙げられる。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기