본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

イラン「来なくてもいい」反抗に…それでも行くという韓国外交次官「勝負の一手」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国外交部はイランの韓国船舶抑留に関連して5日、駐韓イラン大使を呼んで抗議した。シャベスタリ大使がこの日、韓国の外交部庁舎を後にしている。キム・ソンニョン記者

海洋環境汚染という釈然としない理由で韓国船舶を拿捕したイランが6日(現地時間)、むしろ韓国に対して「理性的に行動しろ」と促した。崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外交部第1次官のイラン訪問が10日に予定されている中で「関連議論のための『外交的訪問』も必要ではない」と明らかにした。

イラン外務省のサイード・ハティーブザーデ報道官は6日の声明で「韓国政府の行動は理解できず、受け入れることもできない。韓国政府には技術的問題に対して理性的かつ責任感を持って対応してもらいたい」と明らかにした。韓国政府が拿捕事件直後、清海部隊の駆逐艦「崔瑩(チェ・ヨン)をホルムズ海峡に急派し、駐韓イラン大使を通じて強い遺憾と抗議の意を伝えたことを念頭に置いた発言とみられる。

ハティーブザーデ報道官はまた、崔次官のイラン訪問について「韓国次官の訪問が数日内に行われるが、これはすでに予定されたことで、この問題(船舶拿捕)とは関係がない」とした。続いて「この問題は法律的手続きに沿って進めるため、外交的訪問が行われる必要はなく、両国が別途の訪問が必要だと合意したこともない」と明らかにした。

◆「外交的解決共感」 一日で覆す

これに先立ち、イランは事件発生前に崔次官の訪問計画を公開し、韓国都市銀行に凍結されている原油輸入代金70億ドル関連の議論が目的だと明らかにした。結局、ハティーブザーデ報道官の話は「崔次官とは約束した通り70億ドルの話だけをする→他の訪問は同意したことがない→イランの国内的に解決することなので外国政府要人の訪問の必要はない」という論理だ。

だが、イランの主張は前後が合わない。高官外交会談の議題は双方が事前協議を経て決めることが慣例であるのは間違いないが、今回の事件のように突然の事情変更があれば会談の現場でも変わることがある。イランが本当にこれを議題で扱いたくないのであれば最初から崔次官の訪問を取り消せばいいことだが、現在としてはそのような兆しもない。

これに先立ち、韓国外交部当局者は前日、駐韓イラン大使を呼んだ後、記者団と会い「両国外交部が外交的に解決しようということで共感した」と話した。また崔次官のイラン訪問時、人道的交易拡大などを議論することができるようにその前に韓国船舶を解放してほしいと強く要請した」とした。当局者が言及した人道的交易には、現在イランが急いでいる新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチンの供給が含まれている。

結局、韓国が崔次官訪問時に外交的交渉を通じてワクチン問題と拿捕問題を同時に解決するとの趣旨で見えない圧迫を加えると、イラン外務省が一日で言葉をひっくり返してわざと反抗した。
イラン「来なくてもいい」反抗に…それでも行くという韓国外交次官「勝負の一手」(2)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기